« 忙し~ | トップページ | セミナーのメモより »

2005/09/14

うつぶせ遊び

とある勉強会で養護学校の先生から聞いた話を友人から教えてもらいました。私の考えにぴったりだったので嬉しい♪

育児書などの影響からだと思うけど、早いうちからおすわりをさせようとしたり、おすわりできたって喜ぶ人が多いみたいだけど、それはやらないほうがいいと思う。側湾になったり、いざりになっちゃうこともあるっていうし…
それよりももっと、うつぶせ遊びをたくさんさせたほうがいい、かな。

(すでに、いざりをしているお子さんの保護者の方には大変申しわけありません。それが一生を左右する、というような大きな問題ではなくて、できればそのほうがいい、という程度です。いざりをしていても、歩けるようになるし無理していざりをやめさせてハイハイさせようと思わなくてもいいと思います。)

タウルスはうつぶせ寝だったことと、自分でできるまではお座りをさせなかった。それで今は運動がスキ(得意)になっているのだから、ぜひぜひ他の人たちも試してみて欲しい。

運動がスキだと、食事制限を厳しくしなくてすむのだから(食傾向は気をつけているけど)こんなにPWSの人たちにとっていいことはない。成長ホルモン治療の効き具合も違うらしい。
昨年のニュージーランドの会議の報告の中では、オーストラリアの子どもたちがいろんなスポーツ(スキー・ロッククライミング・水泳など)をやっていてスマートだということが紹介されていた。
運動神経(能力?)は5才ころまでに決まってしまうらしいので、赤ちゃんのパパさんママさんたち今がチャンス!試してみてね。

***

うつぶせ寝って、頭の形が良くなるとか言われますよね。
突然死との関係はわからないのですが、まだ首が座っていないときに、うつぶせ寝(遊び)をする場合、どちらかに首を倒してあげて、呼吸を確保するようです。
が、発達を即すためにうつぶせにしてみるならば、肘を建てて(立たないケド)グーににぎった両手を前にそろえるような形にして、その上に頭を乗せる。
ここから首を持ち上げようとしたり、手をつっぱろうとしたり、首を自分で左右に動かそうとしたりする。
これが首、肩、両腕、胸の筋肉などを発達させ、心臓、呼吸器などの大切な内臓をささえる身体の筋肉も発達する。
そして、首の座りがきちんとしてくると、視線が定まるようになる。
ものを見るというのは、頭が落ち着いていないと、集中して見ることは難しいのだそうです。で、注視する、目で追う、ということができるようになる。
注視することで知能が発達するのは良く知られたことです。それで、見た物に手をのばす、さわる、というような欲求が高まり、そういう行動もしはじめる。

また、別の言い方をすると、身体を起こして立ち上がれなくても、うつ伏せの姿勢になることで、蛇やトカゲの動き(這う)を獲得できる。
立ち上がるには、例外はありますが必ず、上肢をささえるという筋肉の動きが必要だそうです。
うつ伏せになることで上肢の支持を覚えます。肘から手に掛けての支えが出きるようになって、頭部が安定し、目でしっかりと外界を捉えることができます。つまり、進む方向をみることができるのです。
仰向けでは、天井しか見えませんが、人間だけではないのですが、基本的に動物は、みた方向に進むそうです。
そして、獲物を目で捉え、手を使って捕まえる。
そうやって人間も進化していくわけですね。
うつ伏せでのいろいろな活動ができることで、多くのことを獲得できるのです。

|

« 忙し~ | トップページ | セミナーのメモより »

コメント

はじめまして。現在9ヶ月になるPWS男児の母です。
こちらには時々お邪魔させてもらっていますが
育児の傍らワークショップ等積極的に活動されていらっしゃるのを拝見して
「本当スゴイなぁ」という思いとともに多々勇気づけられております。

うつぶせ寝のこと、とても参考になりました。
うちは最近まで”特別な働きかけ”をほとんどしないで
自然に成長を待つスタンスできました。
他のお子さん方は早くからリハビリを開始されるらしい話は耳にしていましたが
焦る気持ちの反面、割とのんきに構えて過ごしてきました。
首はまだ不安定ですが、それでも自力で寝返りを習得して右に左にゴロンと転んでいます。
今月から2週間に一度PTさんの指導をいただけることになったのですが…
うつぶせ⇔仰向けと、私が家でするのとさほど変わらない遊び方。
これで効果が期待できるのか疑問でしたが、やはり基本が大事なのですね。
地道な作業ですけど今後できれば体を動かすの(スポーツ)が好きになって欲しいので
もっとうつぶせをさせようと思いました。

投稿: パンダ | 2005/09/15 02:17

パンダさん、はじめまして♪

うつぶせ遊びの話しに興味を持ってくれて、書き込みしてくださってうれしいです。

「特別な働きをしないで自然に成長するのを待つ」ってすごく大事なこと、イイ!と思います。
それをあせっていろいろやらせようとすると良くない。
PWSは発達全体がゆっくりなんだから、普通の育児書を見てあせらないほうがいいよね。歩くまでって特にあせっちゃうと思うけど、今できていることを充分やると自然に次のステップに行くタイミングになるんだと思う。

それから、うつぶせにあまり慣れていない場合にうつぶせになるのを嫌がったり、すでにおすわりをさせてた場合にゴロゴロするのは嫌がることもあるみたいなので、そういう場合は無理は禁物です。

また、いつでも気軽に遊びに来てくださいね♪

投稿: うらら@タウルスの母 | 2005/09/15 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129962/5939522

この記事へのトラックバック一覧です: うつぶせ遊び:

« 忙し~ | トップページ | セミナーのメモより »