« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

風邪・野菜スープ

タウルスがめずらしく熱が出て学校から早退しました。
さすがに元気がありませんが、食欲はあって「うどんが食べたい。おかゆが食べたい。」と言っています。
夕方「みんなより先に食べる?」と聞いたら「みんなと一緒がいい」と。
何が何でも食べたい、のではなくみんなと一緒が良いのだなぁとなんだかジーンとしてしまいました。
こんぶや干ししいたけを入れて冷蔵庫の中などにある野菜をなんでも入れてぐつぐつ煮るだけの野菜スープを作ってあげたら「おいしい、おいしい」と言ってたくさん飲んでいました。このスープ、以前は病気の時以外にも作ったりしていましたが、この頃すっかり忘れていました。ビタミンやミネラルがたっぷりです。
 
明日は骨付き鶏肉入りスープにしてみるつもり。
このごろ忙しかったので、私も休憩。ちょうどいいタイミングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/28

絵てがみを習いました

xmas

この間、はじめての絵てがみ教室。絵てがみって前からやってみたかったノダ。
でもぜんぜん絵がかけないし、どうなることか心配だったんだけど、どうにかこうにかマニュアルどおりにやればできる(はず)という方法で3つの作品を完成!
(写真は先生の見本デス。)
誰でもできる、といってもその人の性格や体形が絵に表れてしまったり、やっぱりセンスがねぇ…
タウルスはバスケに行ってしまったから参加しなかったけれど子どもたちも楽しくできそうな感じ。
作品が完成しただけでなく、先生の面白話術と手品のように作品を仕上げるところを見られて楽しい時間を過ごせました。徹夜で準備をしてくれた先生とセッティングしてくれた方に感謝です。
この先生が大手術をして入院していた時に発明した便利グッズの話や闘病の話ももっと聞いてみたいです。才能ある人はすべてをプラスに変えてしまうんだなぁと感心。

あっというまにクリスマスシーズン。大掃除や年賀状の準備しなくちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/24

そういえば…いつも予告が…

タウルスの次にトイレに入った兄が「なんかいいにおいがする~?」と言う。
くさいっ!って言う時はあるのに?

アッ!わかった!

昨日トイレの棚に置いたトイレ用洗剤(詰め替え用)!
そういえば「これは何?」と質問があったのだ。
それを全部、タンクの中に流し込み容器を窓から外へ捨てちゃった、と言う。

あ~~~~~

この頃、何かやらかした後に「あ~~~そういえば、なんかそのことを言ってたなぁ」と思う。言われた時にはまさか、そんなことをするとは思わない。せっかく、予告があるのだから未然に防ぎたい。

洗剤代350円をおこづかいから弁償してもらいましたが、いとも簡単に350円払い、その後、鼻歌うたってました。あんまり怒られずにお金で済んだからでしょうか?

頼むよ~反省してくれ~

※時々ブログを読んでいるタウルス兄が言いました。「これでネタが増えたね。」
ネタ増えなくていいよぉ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/23

ウォーク&ラン

0511walkrun1 0511walkrun2

速さを競うのではなくて、あらかじめ自己申告していたタイムに近いほうが勝ちというルールのスペシャルオリンピックス東京のイベント「ウォーク&ラン」に参加。チーム名「タウルス」、8キロを5人で40分ほどで走りました。残念ながら自己申告タイムとは1分以上差があったのでメダルはもらえませんでしたが、紅葉も楽しめました。いろんなスポンサーが寄付をしてくれた景品のうち、タウルスはショルダーバックがあたりました♪全員何かもらえて満足☆

最近、タウルスは顔の傷をいじっているのだけど、会場で久しぶりに会ったPWSくんも同じように顔の傷をいじっていました。二人並んで傷をいじっているのを見たら、医療の力で何とかならないのかなぁ、と思いました。

この頃、夫がいつも一緒だったので、私は久しぶりにいろんな人の中でのタウルスと一緒に過ごしたのですが、夫のタウルスへの接し方が上達しているなぁと思いましたが、タウルスが他の人に文句を言うシーンが多くてちょっと気になりました。

タウルス兄は明日から期末試験。なのにハリーポッターを観てるけど、大丈夫かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

ホワイト&ビーフシチュー

タウルスにホワイトシチューを作ってね、と頼んでおいた。
ルーが違うだけで作り方と材料はカレーと同じだよ、と説明。

……で、2時間後見に行ったら!!

大きいお鍋があふれそうになっている!!
どうやらお水を入れすぎたもよう。
それで家にあったホワイトシチューとビーフシチューのルーを両方入れたらしい。

お水はペットボトルで2本と以前説明したのだけど(-_-;)

でもね、食べたらおいしかった~~~
タウルス兄は「こっちのほうがおいしい~」と申しておりました。
意外な発見。お試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

猫とスズメ

うちの猫テリィが外でスズメをくわえている!!というので急いで出て行ったタウルス。「スズメを助けなきゃ! 消毒して病院に連れて行こう!」と言う。結局テリィの逃げ足が速くて、スズメ救出はできなかった。私なんか「猫がスズメを捕るのは本能だからしかたない」って思っていたから、タウルスのことばでギクッ!としてしまいました。私が冷たいのかタウルスがやさしいのか……?

ところで、うちのテリィは猫トイレと屋外のどこかで用を足していますが、時々洗面ボウルのところで(小のほう)…
この間、うちもだよ!と言っている人がいたけど、どうしてなんだろね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

ない、ない?

私が帰宅すると、いつもの時間より1時間も早いのに私と入れ替わるように「行ってきま~~す。」とスイミングスクールへ出発。

??なんか変…

と思っていたら、オヤツコーナーにおいてあったチョコパン(5個入り)がない。オヤツコーナーのオヤツが在庫ゼロだったので、PTAの会議が終わってから仕事に行く間に急いで買いに行って用意しておいたもの。
確か買ったよなー?思い違いだったかな?と思って、ゴミ箱もチェックしたけど包装袋も見当たらない。

帰ってきたタウルスにさりげな~~~く聞いてみた。
(私)「今日はオヤツ何を食べたの?」
(タ)「……ビスケット…」(ビスケットなんてあったけ?)

しばらくしてもう一度

(私)「チョコパン、食べたでしょ?」
(タ)「ウン。」(ヤッパリ…でもココはぐっとガマン)
(私)「食べていいのは何個だっけ?」
(タ)「1個」
(私)「じゃあ5個食べるのは、いいこと?悪いこと?」
(タ)「悪い」
(私)「そうだね。でゴミはどこにやったの?」
(タ)「……トイレ……」
(私)「ェエッー!トイレにゴミを流したらつまっちゃぅうー!!!!ヤメテね。」

というわけでした。怒らないようにガマンするのは難しい。
夕食のごはんの量は半分に減らしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/16

サンタさんが犬をくれない理由(わけ)

考えました。「サンタさんが犬をくれない理由(わけ)」を。

というのも、タウルスがこのところ「お手伝い制度」を張り切っている理由をそれとなく聞き出したら、「犬を飼いたい。番犬がいい。タロウのような柴犬。色も同じ茶色。」と具体的な目標をもっているらしいことが判明!

そこでさらには「クリスマスのプレゼントにサンタさんが犬をくれないかなぁ」と言うのであわてて理由を考えた。
「サンタさんはプレゼントをいつ用意しているのかなぁ?」と言っているのを聞いて答えを思いついた!

「サンタさんはプレゼントをいっぱいおうちの中に準備しているんだよ。だから犬がほしい子がいっぱいいたら、たくさん餌をあげたり散歩しなくちゃいけないでしょ。それは無理だから犬はプレゼントしてくれないんじゃない?」(これで納得するかしないか…ドキドキ)

結果……この答えで乗り切れました。(ヤッター!)

このごろタウルスは「なぜ?」を連発、答えられないような質問も多いし、説明しても説明しても納得しないことがあるので、そういう時は早めに「そういうルールなのよ」と終わりにしてしまう。
ついついどんな返事をすれば納得してくれるかと無い知恵をふりしぼって考えるけど疲れるからテキトーに答える技術を身につけよう!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

成功体験で終わること、失敗から学ぶこと

2歳上のタウルス兄は何かというと弟と張り合うのですぐにケンカになる。うちではここ1年くらい「お手伝い1回10円制度」を設けていて、いろんな仕事(主に私の家事^_^;)をお願いしているのだ。兄はこの制度をコンスタントにきっちりやって稼いでいるのだが、タウルスはやる気があるときとない時のムラがある。たぶん具体的に欲しい物がある時はやる気を出し、特にないとやらないみたい。この制度が子どもにとって良いのかどうかは今はおいておいて…(おいとかないほうがいい?)

タウルスはここ数日、急に目標ができたらしく(このことは次の日記に)俄然はりきっていて、兄と仕事の取り合いになってもめることも^_^;
昨日、洗濯物を取り込もうとしていたタウルスと兄がバトルになってしまい(私は兄に頼んだのだった)、ピンチがたくさんついた物干しのチェーンがバラバラに壊れ、タウルスは大泣き!
とにかく大泣きしているタウルスにバラバラになってしまったチェーンを一緒に片付けるように言ったら、わりとすんなり拾いに来て、拾いはじめたらすぐに気持ちが切り替わって、大泣き状態から抜け出した。!(^^)!

「タウルスがやりたかったんだね。でもおかあさんがお兄ちゃんに頼んでしまったのだから、お兄ちゃんは怒るよね。そういう時は、ボクがやりたい!って言ってね」
「壊れちゃったけど、片付けられたね」と締めくくったら、なんだか晴れやかになって、予定通りそろばん塾へ向かうことができた。

以前、自閉くんのママから聞いていた「成功体験で終わることが大事」というのはこういうことなんですねぇ…
たとえ、怒ってしまって、パニックになってしまったりしても、そのままうやむやにしないで、自分で納得できた、片付けられたという成功体験で終わることで、『失敗してもだいじょうぶ、きっと乗り越えられる』という自分への自信をつけられる。
こういう時って自分でもまずかったなぁと思っているのでしょう。それをそのままにしてしまうと、自分で自分はだめだ、と思ってしまい自信をなくす。怒ってしまったり、パニックになっている自分は本当はイヤなんです。自分でも抜け出したいと思っている。
こういう成功体験を積み重ねることで自分をコントロールできる力を身につけていってくれるのでは、と思えるデキゴトでした。私の場合はちょっと気づくのが遅かったけど、早くから親が意識して対応すれば(意識しなくてもできている人も多いと思うけど)良さそうです。

わたしたち大人でも経験があると思うけど、『失敗から学ぶ』。私自身もある辛い体験をした時に別な方法をとって成功した、という体験がその後とても大きな力になっています。
困難に出会ったとき、嫌な思いをした時こそチャンス!
『そこから離れて別な方法をとるともっと素晴らしいことがあるよ』という天の知らせのようなものだと思っています。
ということで今も、過去のマイナス体験をプラスに変えるために新たなチャレンジをしているところ。(わかる人にはわかる話しですね。)

それから、もうひとつ同じママから聞いたこと。
身の回りのことなどを身につけるのは思春期が始まる頃までに済ませておいたほうがいい、思春期(は反抗期)だから、しつけをしようと思っても難しいということ。うちはもう思春期にさしかかっているので滑りこみしなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

『ふき』って今年話題の野菜?

このブログに訪れてくれた人が、どんな検索語句でたどりついたかというのがわかるようになっているんだけど、結構いろんなのがあって書いた本人も「えっ!そんな記事書いたっけ?」なんて思うこともある。(というか単に忘れているだけか?)

それでどういう語句が多いのかは統計とってないけど、多いのは1位「プラダー・ウィリー症候群」(納得!)
その次に多いのがなんと『ふき料理』なのだ!(と統計もとっていないくせに言い切ってしまう)
確かにふきをもらって教わったとおりに作ったことを記事に書いた。でもだいぶ前のことだし、『ふき』のシーズンとは関係なくたまに検索されているのだ!なーぜー??

モシカシテ、『ふき』って体にいいとかって、今年話題の野菜になってる?

それにしても私のブログを読んだ方は料理法を真似をして作ったりしてるのだろうか…ちょっと責任を感じてしまうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

中学校の体育館を走るメロス

約1年前にある劇団の「ハムレット」を観てその劇団のファンになり、それ以来たま~に観に行っている。「ハムレット」といえば古典という感じなのだが斬新な演出や衣装に興味を惹かれた。何本か観たけど、毎回違った衣装や舞台演出がとても楽しみなんです。この間の「ピカソと女たち」も良かった。
ピカソの作品というよりも人物に前から興味があったんだけど、ジャクリーヌのピカソへの愛情、ってすごいなぁと思う。彼を失った時、自分自身が壊れてしまうくらい、本当にすべてをささげるような愛だったのでしょうね。それだけ、人を愛せるってうらやましい気もするけど、ちょっとコワイ。

今日はその劇団ではなくて、友だちから誘われて中学校の体育館での「走れメロス」。体育館の後ろと前を舞台にして、真ん中の観客のまわりをグルグル走りまわる。本当に「走るメロス」なのだ。

で、どうだったかというと…
最初はちょっと難解な感じだったのだけど、最後はあまりにも簡単に終わってしまって、アレレ?という気がしました。途中ちょっと居眠りしちゃったみたいで、気がついたらメロスがパンツ一丁に!
それから(これは劇団のせいではないと思うけど)メロスが自分から親友を身代わりにすることを言い出すのってどうなの?ひどいんじゃないの?って思ってしまいました。

誘ってくれた友人のお嬢さん(中学生)は学校での授業で原作と太宰版の違いをやったそうで、興味深く教えてもらいました。原作は苦悩することなく、頑張れ!頑張れ!という単純ストーリーで、太宰版の苦悩に満ちたストーリーは太宰治の人生と重なるのかなぁなんて話しました。そういうことを考えながら観るとまた違って楽しいのかも?

太宰治といえば、今は亡き私の父が若かりし頃、太宰治の家に会いに行った、というエピソードを思い出してしまいます。もっと詳しく聞いておけばよかったなぁ…(私の年って?ばれちゃうね)

出かけるときに留守番ペア(タウルスと夫)のタウルスに豚汁作りをお願いし、手順をホワイトボードに書いておいたら、ちゃんとできていました。\(~o~)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

石油ファンヒーターの修理代7980円也

数日前に石油ファンヒーターを出してみたけど、なぜか点火しない。今日修理に来てもらってわかったことは「昨年の残りの灯油を使ったために水分が多くて点火しない」というのだ。タンクの灯油(ほとんど水だったらしい)を捨てて、下に溜まった灯油を取り除き、再度新しい灯油を入れたら無事点火。

だけど、これで修理代7980円也(T_T)
残った灯油は使い切りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

菜食家庭料理の店

この間はじめて行った菜食家庭料理のお店のランチ。肉・魚・卵を使わない、ヘルシーだというのだけど、すっかり和食に慣れてしまった私にはチト違う感じ。小松菜の豆乳のスープがおいしかった♪

でもいろいろな種類のお野菜メニューでカラフルきれいですね。

helthy menyu-

ところで、今日のタウルス。近所のおにいちゃんとサッカー練習。(昼食を後回しにして!)
夜は、日記を10月15日からまとめて書いていた。(晩ご飯を後回しにして!)ちゃんと毎日の出来事を覚えているらしいのだから、ビックリ~~!
少し記憶力を分けて欲しい母でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/04

メスの魚は食べちゃダメ?

今晩のおかずは私の好きなにしん(子持ち)。

タウルスは卵部分を食べながら不安そうに「卵を食べたら、赤ちゃん生まれない。メスは食べちゃダメ!」と言っていた。泣けるね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

成長したなぁ

昨日の言語指導でのこと。

いくつかの課題をやっている最中に難問にあたった時にタウルスはすぐにそれを後回しにして、次の課題に取り組んでいた。へぇーそんなことができるようになったんだぁ~と感動しました。そして、ちゃんとその課題が終わった後に難問にチャレンジしてクリアしていましたよ♪なんだか余裕の態度でした。

できる、できない、というようりもそういう判断や切り替えができるっていうのは人生で大事なことだもんね。息子のそんな成長が嬉しかった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

予想もしなかったハプニングとは…

この3日間は朝から夜遅くまで、英語のシャワーの中。というわけで、曜日の感覚もおかしいし、まるで海外から帰国した時みたいで、時差ぼけ状態。

資料の準備や参加者の人数のまとめ、お弁当や会食の手配などで英会話の勉強もできないままだったので、最初はレオgジェイdg;ラオ子連jkd日?
自分が英語を話せない、というのはわかってたけど、情けないことにまるっきり何を言っているのか聞きとることすらできない。でもさすがに3日目には何を発音しているかということが聞き取れるようになったけど、意味がわかるわけではないし、モチロンしゃべれない。う~~ん。中学でつまづいた英語はやっぱり私にとって鬼門。

さて初日のこと。朝早く子どもたちより前に出発して、横浜の施設に到着しこれから見学、という時。携帯に校長先生から「息子さんが学校からいなくなりました!どんな服装だったか、行きそうなところを教えてください。」という電話!よりによって私がすべてのスケジュール管理をしていて午後からの司会もするはずの大事な日に!!!その後は何度も学校へ電話したり、かかってきたり。ぜんぜん見学どころではないのだ。

原因はタウルスが前日に勝手にカメを連れて帰ってしまったこと。担任の先生に叱られて反省を促すために、みんなとは別の部屋で反省させられていたらしいのだが、その間に抜け出してしまったということ。
私が前日にタウルスに聞いた話ではカメを連れて帰ってしまった理由は、「先生がカメに餌をたくさんあげないから」というカワイイものだったのに…(そんなに怒らなくてもいいと思うのだけど)

だいぶ前に、一度だけ突然家からいなくなり、電車やバスに乗ってしまったことがあったけど、学校からいなくなったのははじめて。どこか行きそうなところは?と聞かれてもわからず、もしかしたらまた電車に?などと思うととっても不安。

しばらくして自宅に様子を見に行ってくれた先生の話では中にいるような気配だということだったが、私は家の鍵を持っていないし、夫に連絡をとって自宅に戻ってもらうことにした。でもこのことが午後の会議に影響があるとはこの時はまだ気がついていなかったのだ。

その後、夫が自宅に戻って中に入ってみたら、タウルスが家の中にいた!
ということで一件落着。

だけど、だけど、だけど…実は夫に午後の会議に必要な資料やビデオカメラなど一式を会場まで届けるように頼んであったのだ!

横浜から戻る時点で30分くらい遅れ、さらには資料などの手配の遅れで合計1時間も開始が遅れてしまった。本当に皆様には申し訳ありませんでした。
今度からはもっと万全の体制をして望み、他の人たちにも協力をお願いしたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします。

※タウルスは、カメ2匹に「ベタカくん」と「ピピちゃん」と名前をつけてそれはそれはもう大変かわいがっています。毎日水槽をのぞきこみいろいろ話しかけているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »