« 今日の花束 | トップページ | 「やる気」パワー »

2006/02/24

コトバの使い方とその影響

mafura

※本文とは関係がありません。昨年タウルスが編んだマフラー。

この間、テレビで幼稚園児10名くらいの2つのグループに、それぞれ「3時になったらそこにあるオヤツを食べていいよ」「3時までオヤツは食べちゃダメだよ」と言って子どもたちだけにしておくとどうなるか?というクイズをやっていました。

結果は「3時になったら…いいよ」のグループの子どもたちはすっかりオヤツのことを忘れて遊びに熱中。一方「3時まで…ダメだよ」のグループの子どもたちはオヤツのことが気になってしまって、遊びに熱中できない。

結論として「ダメ」ということばを使わないで「いいよ」で安心させることがいいよ。っていうお話でした。

コトバの使い方で子どもがこんなに違ってくるんだということを映像ではっきり見せていてわかりやすかったです。

「やめなさいと何度も注意したけど・・」というような時(人)はまず、自分のコトバかけを見直したほうがいいのかもしれません。そんな時は《ダメ》《やめなさい》《何で》《どうして》を連発しているのかも?

それから、またまた友だちに教えてもらったこと。

・自閉に対する療育・教育さえマスターしておけば、その他の障害に
関する対応は自閉の応用でいい。
・自閉症の子にとっていいことは、健常児に対してやっても、いい。害になることは絶対ない。だから、自閉症の「疑い」のある幼児に自閉症児向けの対応をするのは後になって自閉症ではないだろうということになっても無駄ではないのです。
同じことが他の障害の子に対しても言えるわけです。
PWSに関する対応マニュアルが無いので今まで自閉症関係の勉強会に行ったり、本を読んだりしていましたが、それでよかったということですね。

|

« 今日の花束 | トップページ | 「やる気」パワー »

コメント

「3時になったら…いいよ」「3時まで…ダメだよ」について、お友達からオトナの場合におきかえてみたいい具体例を教わったので、ご紹介します。
※具体例を教えていただきアリガトウございました。この場をお借りしてお礼です。

***

ある日の暑い夏の午後、会社で仕事中。
上司からこんなふうに言われました。仕事はどちらがはかどるでしょう?

A上司の場合
「7時まで仕事をしたらビールを飲んでいいよ」

B上司の場合
「7時まで仕事をしなくちゃビールを飲んではいけません。」

****

こうしてみると、自分のこととして、よ~~くわかりますね。

投稿: うらら | 2006/02/26 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の花束 | トップページ | 「やる気」パワー »