« ことばのこと | トップページ | バレンタインについての会話 »

2006/02/09

言語検査

DSCN1446

(本文とは関係アリマセン。今日の晩ごはん。)

毎年1回学校で、外部のST指導員の方がやってくださる言語検査。

前半はたった15分で発達具合を見てくれて、後半は15分で私や先生に指導してくれるのだから、すごい!ですね。

それで今回は嬉しいことに笑顔が多くなったとお褒めのコトバをいただきました。

「いくら言葉がじょうずでも笑顔がないより、言葉がなくても笑顔があることが社会生活にとっては大事です。」

しかも言葉のほうも「単語」から「文章へ」とだいぶ進歩しているそうです。だから、最近かきむしりもないのかもしれません。

現在の課題は助詞だそうです。

「て、に、を、は」「…だけど」「…だから」「…したけど」などいろいろな文章をつなげて話せるようになるのが目標です。

今の感じだと「それってどういう意味?」とか「もっと説明して」とか頼んでもストレスにはならないので、どんどん聞いたほうがいいそうです。以前は話がじょうずにできないことがわかっているので、あまり追求しないほうがいい、とのことだったのです。

プリントなどでいろんな知識を入れることも良さそう。

今日の検査でタウルスがうまく答えられなかったのは「りっぱな人ってどんな人?」という質問。

しばらく考えてから「中学生」とか「きれいな人」って言っていました。^_^;

「約束を守る、ってどんなこと?」という質問には答えられませんでした。(゜o゜)
答えられないことができるわけない~(>_<) 

なあんだぁ知らなかったのか…

私も一緒に答えを考えてみたけど、結構、ムズカシーと思いました。

|

« ことばのこと | トップページ | バレンタインについての会話 »

コメント

タウルスくんのかきむしりが減った話しを読んで、「どうにかなるものなんだな〜」って思いました。ヘンな感想ですみません。毎晩のバンドエイド、ほんとにたいへんだろうな〜と思っていたんです。それに終わりがあるとは思っていなかったので、「減ることもあるんだ」って、なんかワタシもすごくうれしいです。

おしゃべりって、ダイジですよね。
言葉や文章で気持ちを伝えるって、ほんとうにムズカシイことだと思います。
でもうちのコドモラみんなに、ちゃんと気持ちを出せるヒトになってほしくて、いつも「ママはいまこんな気持ちだったよ」とか、「なにがかなしいのかちゃんとおしえて」とか、たくさんおしゃべりするようにしています。まあ、ワタシ自身、おしゃべりがダイスキですから、そういうやりとりがとても楽しいです。

さいきん、長男の質問がいろいろとおもしろいです。この前、唐突に助詞のこともきいてきました。
「ねえねえ、『が』ってなーに?」「え?どういう質問?」「だ〜か〜ら、●●が、の『が』」「(ああ、助詞のことをいっているのか……。って、5歳児にどう教えたらいいの????)」なんてやりとりに四苦八苦しています。笑 「ことば、と、ことば、をつなげることばが、『が』なんだよー。パンがほしい、と、パンもほしい、はちょっと違うでしょ〜」とか、一生懸命説明しても、途中からきいてないし!! 涙 まー、そんなのまだまだ早いんですけどね。

あとは急に「じかん、ってなーに?」とかね。「………パパにきいてごらん」なんて感じです。笑

約束を守る、も、ムズカシイですね〜〜〜。

でも、りっぱな人に対する答えが、とてもカワイイです!! タウルスくんの心、とってもピュアですね♪

投稿: りっきママ | 2006/02/09 23:49

りっきママさん、こんばんは。

そう!かきむしりがこんなにずっとない日が来るなんて、感激です!

長男君はママといっぱいおしゃべりしているからでしょうか、かなり高度な質問ばかりですねぇ。オモシロそうな会話の様子が思い浮かびました。
私の場合、ボケ防止にもよさそう。

で、さっそくうちも会話を楽しんでみたら…
この続きは日記に書きます。

ちなみに兄に「りっぱな人って?」って聞いてみたら
「エライ人」というので
「じゃぁ、エライ人って?」と聞いてみました。

答えは
「りっぱな人」でした。

投稿: うらら | 2006/02/10 20:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ことばのこと | トップページ | バレンタインについての会話 »