« いのち・運命 | トップページ | 今日の晩御飯 »

2006/02/28

どうしてもひっかかるコトバ

VFTS0006

時々ドキッとする時があります。

例えば、タウルスがまだ2歳の頃。療育センターでの診断結果を伝えられた時のことです。

その先生は「今は○ヶ月程度の発達です。(もう忘れました。)これが普通にどれだけ追いつくかどうか、というところですね。」とおっしゃったのです。

もしかすると、その先生は「がんばって!」とか「希望を持って育てなさい」という意味でおっしゃったのかもしれません。ですが、わたしには、そのコトバがとても不思議でした。

障害名もわかっているのに、なぜそんなことを言うのだろう、と思いました。普通に追いつくのがこの子の目標なの?この子はこの子のままではいけないの?

また、「障害があるなんて、わからない。普通に見えたよ。」とか言われることがたびたびありました。

ほめているつもりなのか、ただ正直な感想なのかわかりません。でもどうしても何かが心の奥でひっかかります。

わたしだって、もしかしらたら他の人から見たら「普通じゃない」かもしれません。みんなひとりひとり違うのだから「普通」か「特別」なのか?なんて分けられない。ひとりひとりそれぞれでいいって思います。

|

« いのち・運命 | トップページ | 今日の晩御飯 »

コメント

アメリカのホームアニメにて、太ったわが子が凹んでいるのを見た母親が誤解し、
「どうしたの?誰かに太ってるといじめられたの?
 違うのよ、太ってるというのは個性なのよ、
 個性があるってとてもすばらしい事なのよ!」
と、子どもを説得しているシーンを見ました。

アメリカって違うなー。文化って違うんだなーと思いました。
個性の強い子達に、日本は生きやすいのか……

投稿: さち | 2006/03/03 00:25

ちょこちょこ覘かせていただいてましたが、
始めてメールかきこします!

SARA姫ママです。
1歳5ヶ月のPWS女児のママです。

うちの姫は生後半年から、
近所の区立保育園に預けておるのですが・・・
クラスメートのママ友達からの気になる一言。。

姫の顔をまじまじと見て・・・
・全然普通に見えるよ!?

姫の行動を見て・・・
・段々普通になってきたねー。。
・こないだ笑ったんだよ、すごいよね。
・ボールを細い筒に落としてたの見たよ、びっくりしちゃった。
                         等〃・・・・etc

うちは入園時の保護者会で
姫の病名も含めた病状を簡単に説明して、
皆さんにご協力を仰ぎました。

第一子のヤンママばかりの割には、
非常に協力的で、
クラスもまとまって仲良くしてもらってます。

それでも・・・これです!?

普通ってなんだろう???
って思わされました。

PWSの子だって、
笑うし、色んなやんちゃするのになあ。
って、顔で笑って心で泣いてましたぁ。。

とりとめのない文章ですみません。

昼休みが終わったので、失礼します。
またかきこします。

SARA姫ママ

投稿: SARA姫ママ | 2006/03/03 13:04

うららさん,こんばんは。
SARA姫ママさん,初めまして。
ウチのhiroyukiはあと3日で1才8か月になります。私もこの子を授かってからいろいろな場面で日常的に使っている「普通」という言葉にとても敏感になっています。
hiroyukiのことをよく知らない方と長い時間一緒にいると必ず言われるのが「おとなしいね。いい子だね。」そして「普通の子じゃないんです。」と説明してしまうことがあります。普通って何だろう。簡単に使っては行けない言葉かもしれないな・・・と思ってみたり。
保育園のクラスの保護者には,今の0才クラスの間は「成長がゆっくりです。」という曖昧な説明しかしていません。少し親しくなった人には「実は障害児なんだ。」と話していますが,1才に進級したら,きちんと病名やどんな病気なのか,ということを伝えて,PWSに対する理解者を増やしていきたいなと思っています。
世の中にこの病気を知り,援助してくれる人が増えれば増えるほど,この子たちにとって生きやすい社会になるはずですから。
長文のレスで失礼しました。

投稿: おけい | 2006/03/04 20:39

さちさん☆
ニッポンは「出る杭はうたれる」
アメリカとは違いますねー
生きにくい…かもしれませんね。

SARA姫ママさん☆
初書き込み、しかも昼休みの貴重な時間にありがとうございます!

カミングアウトのタイミングや方法は結構むずかしいですよね。
私の場合、タイミングと方法を間違えてしまい「まずは障害のあるなしに関係なく、お付き合いしていく中で自然に相手を知りたい。障害があります。こんな特徴です。って最初に言われると、何か特別なことを要求されたように感じる」と言われてしまったことがありました。(>_<)

せっかく、がんばって伝えたつもりでも、逆に変に構えられてもイヤだしね。本当になかなかむずかしいです。
でも、小さな努力がそのうち実を結ぶ、って思います。

また、時々仕事に支障のない程度に遊びに来てください。


おけいさん☆
ほめられても、実は…と複雑な時ってありますよね。すこ~しずつでいいので一人でも理解してくださる人が増えるといいです。
「子どもを知ってもらうには、まずは、わたしたち親自身を知ってもらうことが必要」というのは友だちのコトバですが、そのとおりだと思いました。親が親しくなってからなら、受け入れてもらいやすい気がします。
保育園での説明うまくいきますように。

投稿: うらら | 2006/03/06 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いのち・運命 | トップページ | 今日の晩御飯 »