« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/31

おしゃぶり賠償提訴

ちょうど、今日こんなニュースがありました。(2005年1月に日本小児歯科学会がまとめた「おしゃぶりについての考え方」はこちら

「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴

 おしゃぶりを3歳まで使い続け、あごが変形するなど深刻な障害が残ったとして、横浜市の少女(6つ)と母親が31日、おしゃぶりを販売した大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、おしゃぶりはドイツのメーカーが開発し、コンビが輸入した。少女は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も3歳10カ月で歯科医に止めるよう言われるまで、就寝中に使った結果、あごが変形したほか、歯並びが悪くなった。
 歯並びは矯正治療で改善したが、「受け口」や舌足らずな発音、口でしか呼吸しないなどの症状が残ったという。
 完全に治すには、今後13年間かかるとして、治療費などに相当する賠償を求めた。

(共同通信) - 5月31日19時30分更新

| | コメント (2)

口腔機能

aimiママさんのブログこちらでちょっと話題になっている「口腔機能」。
咀嚼(そしゃく・ものをかみ砕く)、嚥下(えんげ・飲み込む)、発音などの機能のこと。

タウルスも小さい頃に受けた摂食指導では「よくかめていない」と指摘されてことがあるし、発音も不明瞭です。

例:「おだいま~」(訳:ただいま~)

※クレヨン新ちゃんのマネではなく「おかえり~」と「ただいま~」が合体しているのだと思います。口腔機能というよりも脳の問題かもしれません。

今はそれに加えて急いで飲み込むというようなことが見受けられます。なんだか食べ物を前にするとスイッチがはいったように夢中になって、より多く食べようとあせっているようなそんな印象。急いで詰め込んで窒息してしまった人の話も聞いたので、気になります。

それから、口を開けて噛んでいるのでクチャクチャと音がうるさいので、「口を閉めて食べようね!」とは言っているのですが、なかなか難しいみたい。

いつものように「口を閉めて食べようね。クチャクチャ音がして下品だよ。」と言ったところ

タウルスは「○○ちゃん、クチャクチャすごくうるさいんだよ!!注意した。」と言うので「人のことを言う前に自分を治してね。」と言ったのですが、笑ってしまいました。だってその子もPWSなんです。

きっと、「しつけが悪い」って思われそうな事柄ですが、これも口腔機能になんらかの障害があるせいなんだろうな、と思いました。

飲み物の容器の選択や離乳食の進め方で、少しでも良くすることが可能になるといいですね。(だけど、負担にならない程度で)

【昨日のエクササイズ】

・いつもより念入りな掃除(食器棚の上にたまったホコリをとった。掃除もいいエクササイズだと実感)

・草むしり(45L1袋)

・なわとび100回

・徒歩5分のところにある学校(いつもは自転車)から走って帰ってきた。

ヨガも取り入れてみようかしら。

☆ 『うつぶせ集合写真館』現在6名参加中。ありがとうございます。引き続き募集しています。締め切りはありませんので、いつでもどうぞ、よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2006/05/29

体脂肪率訂正

このあいだ、タウルスの体脂肪8%とか書いちゃったけど、今日病院で聞いてきたら、違っていました。

2003年 体脂肪率 26% 成長ホルモン投与開始 

2004年 体脂肪率 8%

2005年 体脂肪率 9・5%

2006年4月 体脂肪率 12.8% 

というわけです。胴の輪切りになった写真でも、徐々に皮下脂肪が増えてきていました。(8%の時は内臓脂肪も皮下脂肪もほとんど無かった)

ちょっと私が太ったのと関係あるのか、最初は効き目が大きいけど、落ち着いてきたのか?

このくらいでちょうどいいのでは?と先生はおっしゃいましたが、ちょっと心配です。

4月から成人の成長ホルモン不足の人にも保険が適用されることになったそうです。

それにしても、いまや身長と体組成に効果があるというのは、当たり前の話だそうです。それよりもさらに別な効果を期待されているようです。すでに成人になっている方たちにも明るい希望のある話になると良いですね。

Vfts0001_8

【今日のメニュー】

・あじのガーリックオイルがけ(ブロッコリー添え)

・ほうれん草とえのきのおひたし

・新玉ねぎと、カラーピーマンのサラダ

【うららのダイエット日記】

・なわとび100回

・電動自転車OFF

・52.2キロ(夕食後)

| | コメント (0)

集合するとカワイさ倍増~♪

バンビくん、aimiちゃん、ヒカリちゃん、タウルスの「うつぶせ」写真を集合させました。こちら(許可をいただきました。ご協力ありがとうございます。)

なんか、集合するとカワイさ倍増~♪

※赤ちゃんのカワイイ「うつぶせ」写真を募集しています。このブログに載せても良いという方はご連絡ください。こちら
なお、大人の方の写真はご遠慮ください。
(本気です。)

| | コメント (2)

2006/05/28

メダルの色は金と銀

Vfts0029_1 

一年ぶりの水泳大会。はじめてだった去年は私たち親のほうが興奮気味でしたが、今年はおちついて観戦できました。

6年生ともなると他のお子さんは体格も良くて、結構みんな上手。

タウルスは昨年と同じ種目に出場しました。クロール50mは5名中2位(52秒)。平泳ぎ50mは1名中1位(55秒)。台上飛び込みスタート、クイックターン。

レースごとに3位まではメダルがもらえるので出場者が少ないレースは失格さえしなければ記録にかかわらずメダルがもらえます。昨年は平泳ぎなのにクイックターンをしてしまい、失格だったのでクロールの金メダル1個。今年は金と銀。

昨年は、ダントツ1位でしたが、今年は2位。自閉傾向のお子さんたちはだいたい体格が良いし、これからどんどん体格に差がついてくると、1位は難しそうなので、タウルスがやる気を失わなければいいんだけど…

車イスの方、ろうの方、盲の方、知的障害の方、さまざまな障害の方が参加していて、みなさんそれぞれ精一杯泳ぐ姿はとても感動的です。

| | コメント (0)

2006/05/25

続・就学相談票

ストライキ問題ですっかり昨日の期限を忘れてしまい、今日、提出しました。

相談票の内容(こちら)に何かモヤモヤした違和感を感じていたのですが、書きながらその原因を追求してみました。

つまり、タイトルは「相談」とはなっているけれども「どういうことが課題で、何を指導して欲しいのか?ということを全く問われていない。保護者側が相談する内容ではない」ということです。

質問は「どのくらい周囲に迷惑をかけるか?どのくらい人手がいるのか?ということを調査しているだけ」で、結局「どれだけ手がかかるかということによって学校を決めたい」という行政側の思が相談票の質問に現れているように思います。

反対に親としては「教育に求めることや、子どもにとって何が必要かということによってふさわしい学校を決めたい」ので、そういう親の希望と行政側の思い(事情?)の温度差がいろいろ不快になる原因となっている?

| | コメント (4)

続々・ストライキ

(「続・ストライキ」にいただいたりっきママさんのコメントの感想です。とってもいい話をありがとうございます♥
※抜粋、引用させていただきました。)

>「他のお子さんにも同じように指導していて、みんな平等に接していたが、○○君やPWSのお子さんには、そのようにしたほうがいいんですね~特別に)別な対応にしなくてはいけませんね。

のところ、ちょっと逆ギレっていう雰囲気ではなかったんです。表現を直しました。(緑字)表現力不足でごめんなさい。
ご自分の対応に何の疑問を持っていないので、PWSだから、そんな対応が必要なんだろう、くらいの極かる~~い認識のようです。

>嫌なことがあってもやり過ごせるようになることも課題かな

こう考えるうららさんのお気持ちもよくわかります。でもこれって、次の段階なんでしょうね。きっと……。

あっ!そっか、次の段階でいいんですね。

まずは自分の気持ちがどうなのかをちゃんと自分でわかること、それを信頼できる相手に伝えられることが、何より大事と思います。

本当に、そう思います。そのためには本人からの訴えにはきちんと対応してあげないと次につながらないと思うので、きちんと誠意を持って対応していきたいです。

「相手に伝える」というのは、何も争うわけではなく、逆に言えば争わないために話しあう。

自分の意見を通すわけではなく、お互いがわかりあうために話す。

そうですね。今回も話し合った日、帰宅した息子はハレバレとした顔で上機嫌で帰ってきました。

「受け入れる」と「あきらめる」は、絶対に違ものと、最近、つくづく思います。受け入れられたときは、とても気持ちがいい。自分にとっても気持ちがいいし、相手にもきっと気持ちがいい。

思えば、私も日ごろ「話し合ってお互いに受け入れあうこと」を目指しているのかもしれません。

でも全部のヒトとはそうなれない。そのときにどうするか。そんなのは、●度目の年女なワタシにも、未だぜんぜんわかりませんね……。

ほんと、ほんと!

更年期の年になっても、それで悩むことも多々ある。12歳ではまだ、そんなの無理に決まってますね。

起きてしまったことよりも、その後どう対処するか、が大事だと思っています。

| | コメント (2)

2006/05/24

筋肉・食事・ダイエット法

タウルス12歳 体脂肪 8% 身長-0.9SD
(成長ホルモン療法前 8歳 体脂肪 26% 身長-3SD)
※成長ホルモン療法やSDについてはファイザーのHPこちらを参考にしてください。

私は、息子の肥満を予防するのには、「筋肉をつける、太りにくい体を作る」という考えがあって、「食事制限はきびしくしない、食べ過ぎは避けるけれども、普通に食べる」と思って実践してきました。

いろいろなダイエット法を試みた方なら、ご存知だと思いますが、「食事制限をすると筋肉が落ちる。筋肉が落ちると、体重は減るけれども太りやすい体質になってしまう。食事はキチンと食べて筋肉を増やしエネルギーを消費し脂肪を燃焼させるほうが良い」ということがよく書いてありますね。

PWSの場合、「もともと筋肉量が少ない」(太る体質)→「食事制限をする」→「筋肉が落ちて、さらに太る体質になる」しかも「制限されると、もっと食べたくなる」

「食事制限」⇔「太る体質」という悪循環のような気がします。

あらためて、やはり食事はキチンと食べて、運動することによって筋肉量をふやす方法がいいのでは?と思いました。

でも今、問題なのは息子ではなく、私です。

3ヶ月前と比べて4キロ増。(今まで体重はほとんど変動がなかったのに!!!です。)

料理ブログの真似をしているうちにカロリーオーバーになってしまったせい?

電動自転車のせい?

それとも更年期によるホルモンバランスの乱れのせい?

ちょっと真剣に体重を減らす努力をしなくてはいけないと思い、今後参考にするのは「料理ブログ」から「ダイエットブログ」に変更しようと思います。

| | コメント (4)

2006/05/22

続・ストライキ

昨日は普通どおりだったのですが、朝ぐずぐずしてなかなか起きません。理由は金曜日の体育の時間のこと。(何の話かわからない方はこちらへ)

他にもいろいろ今までのことを思い出して、イヤーな気持ちになってしまったようです。

「謝っても許さない。○○先生に怒らないように言って。もしまた怒ったら、○○先生に学校をやめて欲しい。おかあさんから○○先生にそう言って。」と言うのです。

私は「わかった。今までのことも全部思っていることは話したほうがいい。お母さんも一緒に言って話し合うから。」と言ったところ、30分ほど遅刻になったのですが、一緒に行くことができました。

そうして、1時間目、話しました。

私がまずはじめに息子の気持ちを代弁。

その次に本人の気持ちを聞いてみたら、最初に彼の口から出た言葉は

「先生、押した。(それがイヤだった。)」

先生はまったく身に覚えがないようすで、ビックリしていました。

でも、私は話を聞いて、「先生は言葉より手で促したりするほうが先なのではないか?」と思ったので、(他のお子さんの対応でも見たことがあるので)

「言葉かけがなく、動作だけだと、押されたと感じると思う」「まず、言葉かけをして欲しい。それに説明をして本人を納得させて欲しい。説明すれば納得できるはず。」とお願いしました。

すると先生は

「他のお子さんにも同じように指導していて、みんな平等に接していたが、○○君やPWSのお子さんには、そういうふうに接したほうがいいんですね。特別に)別な対応にしなくてはいけませんね。」(というようなこと)とおっしゃいました。

でも私はちょっと違うと思い「息子を育てる中で気がついたが、それは本当はPWS以外の障害を持っているお子さんでも、健常のお子さんでも、どのお子さんにも、おとなにも誰でもなのではないでしょうか。」と言いました。

「PWS以外の障害を持っているお子さんでも」というところ、ちょっと自信がなかったので、同席してもらった先生にも聞いたところ「そうですね、言葉のないお子さんでも同だと思います。」とのことで話は落ち着きました。

最後には先生からの「先生を許してくれる?握手しよう!」という問いかけにうなずいて握手できました。(顔はそっぽを向いていたけど)

そして、タウルスが八つ当たりしてしまったお子さんには先生と一緒に謝る、ということを再度お願いしました。(これが重要だと思ったので)

今回は、息子がまず私に気持ちを全部話すことができたので、良かったと思いました。もし誰にも話せなかった場合、先生へは不満がつのり、友だちへの八つ当たりに対しての罪悪感も解消されず、よけいに混乱を深めたでしょう。

後はもう一件。中学のほうの先生のこともその後いろいろな人に聞いたら、いろいろな問題があるということが判明。校長先生にお手紙を書き、お話をしに行きました。いい方向になるといいです。(なんのことかわからないかたはこちらへ)

私って、うるさい保護者?

| | コメント (6)

2006/05/21

水泳大会にむけて

約2週間の運動不足解消のため、タウルスの希望でボートをこぎに昭和記念公園へ。

Vfts0003_5

Vfts0007

木陰は涼しくてさわやかでしたが、池は日陰が全然なくて、暑くて耐えられませんでした。

Vfts0009

Vfts0016

家に戻ってからは、来週の水泳大会に向け、なまった腕(足?)を慣らしに泳ぎに行きました。

そこで、私も一緒に泳いでいると、25M泳いで向こうに到着寸前に、水中に手を差し伸べる男性がいるのです!!

(あれ?わたしって溺れそうに見えたのかしら?ちょっとステキな人だけど、まさかナンパされている?)

と思いつつ、一応はっきりしない会釈をして、また黙々と泳ぎ続けると、またしばらくするとその男性が手を差し伸べてくる。

(えっ!やっぱりナンパ?)

そのうち…

その男性が他の女性と仲良さそうに並んで話しているのを目撃!

(あら~?別な人もナンパしたのかしら?)

と思ったものの…

すぐに気がつきました。

その女性が着ていた水着と帽子が私と同じだったのです。

(あ~やっぱり、間違いだったのね。)

タウルスの調子はいまひとつ。来週が心配です。

| | コメント (3)

届かなかったメールはどこへ?

Vfts0005_4

ボーダフォンに問い合わせたら、

スカイメールとロングメールの短いものは、電波状況などで届かない場合、サーバーに保存されず、3日間再送信し続け、それでも送信できない場合は削除される

と教えてもらいました。

いやー知らなかった。

相手に届いていないことは送った人にはわからないので、それが原因で仲たがい、なんてこともあるかもしれませんね。

要注意。

それにしてもロングメールなのに届かなくて、サーバーにもないのは故障かしら?

| | コメント (0)

2006/05/20

ストライキ(ふて寝)

夕飯を食べた後、出し忘れた郵便を出しに、タウルスと傘をさしてポストまで行きました。

その途中で、学校であったことをちょっと意を決したように話し始めました。いつもこんな風に話し始めることはないので、不思議に思ったのですが…

昨日病院に行って、「いつもどおりの生活でいいですよ。運動もお風呂も」と言われたので、今日から体育に参加したのです。

その体育の時のこと、(以下タウルス談)

最後の片付けの時に「足が痛くてできない」と言った。

でも先生に「片付けだけできないなんていうのはダメ」と言われた。

そのことで怒ってしまい、お友だちを押したり「バカ」って言ってしまった…

そして、その次の時間は怒って授業中は寝ていた。

もう月曜日は学校に行きたくない…

とこんなことを話し出したのです。エッー!と思ったものの内心は息子が冷静に順を追って話し、自分が悪かったことまでキチンと話してくれたのがちょっと嬉しかったのですが。

私も先生がタウルスの話を受け入れてくれなかったことやその後の対応に疑問を持ったので、先生に電話してお話しました。

先生は「あきらかに(ズルしたいみたいだった)」というようなことでしたが、「まずは子どもの言うことをまず信じて欲しいこと」(授業の間、夢中で参加してしまい、最後になって足が痛くなっていることに気づいたのではないかと思ったし)をお願いしました。

それと、「きちんとお互いが分かり合えるまで、話し合って欲しいこと」「お友だちに悪いことをしたこともきちんと謝って和解するところまで指導して欲しい」とお願いしました。

やれやれ6年間でこんなことは初めてです。先生の対応というのは大事だと思いました。

【今日のメニュー】

Vfts0002_3 Vfts0001_6

・鳥むね肉とクレソン、トマト

・ポテトサラダ

・ししゃも

この間、韓国映画(字幕)のチャネルに変わってすぐに「あっ!韓国語!」って言ってました。日本語が話せる韓国人のお友だちがいるのですが、それにしても聞き分けられるなんてスゴイ!

「オー!マイ、ゴッド!」もよく使っているのがオモシロイ。

う~~ん、日本語より外国語をうまく話せるようになるなんてことある?

Vfts0012_2

| | コメント (2)

2006/05/19

追記

「おすわり」について(ブログコラボの記事に赤字部分を追記しました。

| | コメント (0)

クロスステッチと絵日記

毎日雨ばっかりで洗濯物を乾かすのに苦労しています。

タウルスは数年前から学校で刺繍をやっていますが、スエーデン刺繍なのか、直線からジグザクになっただけで、ずっと同じようなパターンです。何かの作品に加工されるわけでもなかったのですが、それではもったいないし、おもしろくないので、何かイラストを刺して、作品になるようなものを作りたいと思っていました。

先生にそれを提案すると「何か、図案を持ってきてください」と言われ、図案が見つからず(というかよくわからなかった)そのままになっていましたが、やっとクロスステッチの図案を見つけ、今二人でチャレンジしています。

が、結構思ったよりもむずかしい。

最初から複雑な図柄を選んだせいなのか、細かい目の布を選んだせいなのか…

その時のタウルスの絵日記がこちら↓

Vfts0001_7

(別にテント生活をしているのではないのですが、屋根が三角の形なので、自動的に家の形も三角になったもようです。)

矢印で説明書きが書いてあります。最近、タウルスはこのパターンが気に入っているようで、こちらは↓そろばん教室の様子。

Vfts0003_4

| | コメント (0)

2006/05/18

表情3点(1歳~)

タウルスのうつぶせや『寝返り』の写真を探していたら、おもしろい表情の写真があったので、ついでにスキャンしました。この頃、入院先の看護婦さんに「いたずらっ子になりそうね」と言われましたっけ。

PWSの子達は一般的に表情が少ないようですが、1歳ころから、だんだん表情が豊かになりました。今も結構オモシロイ表情をする時がありますが、残念ながら本人の希望で載せられません。

(うわぉ~!わんだふる!)の顔

1sai002_3   

(あっち行って!ボクのおかあさんだから、じゃましないでね。)の顔

1sai003_2 

(ばなな、だぁいすき。シアワセ♪)の顔

Banana_1

おすわりは自分でとった姿勢、1歳5ヶ月頃。
※1歳以前にはおすわりの写真は一枚もありません。

| | コメント (7)

就学相談票

さて、気を取り直して前回の続き。

『就学相談票』が学校から配布されてきましたが、はじめて見るものなので興味津々。

意外だったのは、就学先の希望を記入する欄「通常の学級」とか「心障学級」とか「盲学校」「ろう学校」…などという種別のほかに更に具体的な学校名を書くようになっていること。

(だって、まだこれからそれを決めるんだと思っていたー。中3のお兄ちゃんだって、どこの高校を受験するかっていうのはこれから考えるんだし。)

それから、これまで受けた『相談・治療の経過』という欄には診断の結果を記入するようになっている。何をどう書くのでしょう?○才の時に○才程度の発達だったとかIQ65とか、そういうことかしら?

なぜか、私はこれまでの身長や体重、体脂肪というものは控えてあるのですが、IQ関係の記録がない。これまで何度も受けたはずなんです。控えていないのは、決して故意とか認めたくない、とかそういうことではなく、自分の中では重要じゃないから、だと思うのですが…

それから、最後の質問項目は『日常生活の様子』です。

例えば

「排泄」
(1)全面介助(・まったくできない ・でれば教える ・出る前に教える)

(2)一部介助(・パンツを自分でおろせる ・尻をふいてやる ・パンツは自分ではく)
(3)どうにか一人でできる
(4)一人でできる

となっています。

こんなふうに「食事」「衣服の着脱」「遊び」「集団参加」「安全面の配慮」「身体状況」と続きますが、タウルスはココまでは全ての項目が「できる」「問題なし」という感じです。

問題は、最後の『行動で心配な点』です。あてはまるものに○をつけるのですが…( )に私のコメントをつけてみました。

(1)叩いたり、押したりする
(状況によってはそういうこともありうる)

(2)噛み付く、引っ掻いたりする
(保育園の頃はありました。今はないと思う)

(3)衣服を破る
(胸についたゼッケンを無理やりとってしまったことがあり、縫い付けていたところが破れたことがあります。)

(4)器物を壊す
(この間のサッシ蹴り事件、イスの足、リモコンなどが該当する?でもこの質問は学校でのことかな?)

(5)物を投げる
(同じく、家では怒ってリモコンを投げたことがあります。)

(6)頭を器物に打ちつける
(痛そう… これはありません。)

(7)自分自身を噛んだり叩く
(同じくなし。でもかきむりしりはこれに該当するのかな?)

(8)特定の物に固執する
(あんまりないと思う。人にはこだわる。バンドエイドを貼るのはおかあさんとか)

(9)園外へ飛び出す
(園外??? これって園児向け? 一度学校で怒られて一人きりにされ、抜け出して自宅に帰ったことがある)

(10)視線が合わない
(合う。だけど話している人の顔を見ないときがある)

(11)落ち着きなく動き回る
(状況によってはそういうことも)

(12)何でも口に入れる
(食べ物以外は入れません)

(13)高いところに登ったり、飛び降りる
(友だちと公園で遊んでいる時にはやっている)

(14)偏食がある
(まったくなし)

(15)急に泣いたり、はしゃぐ
(ない。でも嬉しいことがあると妙にハイテンションになる。)

(16)奇声を発する
(大きな声の時はある。これを奇声ととるかどうかの問題。なんか奇声ってコトバやだ。)

(17)おおむ返しの言葉になる
(ならない。繰り返し同じ質問をする時はあるけど。)

(18)他人との意志交換ができない
(意志疎通はできる。でも勘違いでなかなか話がまとまらない時がある。)

とこんな感じです。

それにしても「計算」「文字」「言葉」についての質問がまったくないのはどうしてでしょう?そういうことは問題でないということかしら。

小学校に入学の時の就学相談は噂にたがわず、とても嫌な思いをしました。「わざと困った状況を作って、そういうときにどういう行動を取るか見る目的」だったそうですが、親としては子どもの状況をわざと悪くしているのを目の前で見ているのは耐えられない。あのやり方はどうしても納得できません。

通っている園や施設の保育者や主治医の診断書などではダメなのかしらと思うのですが…

さて、今回はどうでしょう?

※ところで、携帯電話のメールですが、近頃メールが少ないなぁと思っていたら…

相手は送ったつもりなのに、こちらに届いていなかった、ということが判明しました。メールをくださったのに、返事がないと思っていた方、失礼いたしました。2・3日しても返事がない場合は、お手数ですがご連絡ください。

どうしてなのかはボーダフォンに問い合わせしています。

| | コメント (2)

2006/05/17

割り算

タイトルは「割り算」でもカテゴリーは「料理・食事…」

うちでは、タウルスが際限なく食べることを避けたかったので、大皿大盛り方式は採用していません。一人ひとり盛り付けです。(正直、このほうが手間がかかるんだけど)

でも、この頃、数えられる内容のものは大皿にいれています。全部で何個あるか数えて、その後、ひとり何個になるのか考えさせる。(でも掛け算も覚えていないのにできるわけない?)

うちではこういうとき、全員平等に同じ数を食べます。(昨日は数えやすいように、盛り付けの時に私が食べちゃったけど、本当はそれだと私の年齢では食べ過ぎになっちゃう。)

こんな方法で割り算ができるようになるかどうか、今ちょっと密かに実験中です。

| | コメント (0)

そのままの君たちが大好きだよ

昨夜NHK3チャンネル「福祉ネットワーク」の時間で自閉症の弟(こくっぱ)とアスペルガー症候群の兄(ハカセ)がいる家族の話を見た。

かあちゃんが(ご自分をこう呼んでいる)「この子達の見え方は違っているんだろうな、って思います。それを考えるのが楽しい」って言っていたけど、思わず うんうん同じ同じ とうなずいてしまいました。

最後のほうのコメント

子どもは、確実に成長するものだと、なんだかほっとしています。これからは、いろいろあっても、ますます安心して帰ってこられるお家にしよう。どんなにしんどい事があっても、「そのままの君たちが大好きだよ」と言ってあげ続けよう。

もよかった。

さっそくこの方のブログ「こくっぱ家の試練」に行ってみたら、サブタイトルは

「子ども叱るな いつか来た道 年より笑うな いつか行く道」

いいですねぇ この感じもスキ

(私もいつも兄の成績を見て、感想を言う前に「子どもを責めるな 自分の成績を思い出せ」と思っています。)

怒らずに大きく見守る姿勢は私も見習いたい。でも、実はうまく支援している。二人の違ったタイプの障害のお子さんがいて、大変そうどころか、幸せそう、楽しそうな笑顔が印象的でした。

(テレビに映されていたお家の中が結構散らかっていて、安心した私。でも「こくっぱ家」は10人家族。家族の人数と比例するかも。)

| | コメント (0)

「おすわり」について(ブログコラボ)

バンビ・わーるどsuzuさんが「おすわり」についての記事を書いてくれました。それで、補足したいのでこちらに書いてみます。

最初は息子を育てている時に「育児書に書いてある発達の順番に疑問を感じた」ことがはじまりでした。

赤ちゃんが自分で寝た姿勢からおすわりの姿勢をとれないのに、「おすわり」をさせることは不自然、「寝返り」が充分できるようになってから自然にハイハイに移行して自分でおすわりできるようになるのが自然だと思うのです。

ですが、いろんな方から話を聞いて、今はだんだん考えが整理されてきたような気がします。(以下、医学的な根拠はなく、私の考えです。)

1.寝かせたままにしたほうがいいのではなくて「うつぶせ」をはじめいろいろな姿勢をとらせたほうがいい。

☆☆☆ うつぶせ集合写真館 ☆☆☆

B78c6ac0547ef92bfe60cfa2b4ea5f21_2  0830miracosta20060323t11_52_121_1

Img001_1    Scimg5750s_1

Cimg1432_3  Cyobi

Dscf4832

(一段目:バンビくん♥aimiちゃん 二段目:タウルス♥ヒカリちゃん 三段目:海凪ちゃん♥チョビくん 四段目:たんぽぽちゃん)

2.訓練目的に「すわる姿勢」をとらせるのは、やったほうがいい。
(大きいボールやお母さんのお腹の上に乗せて、ゆらゆらさせるとか、床に足の裏がつくような姿勢でイスに座らせるとか)

3.すわらせたままにすることは避ける。
(すわると手を使って遊べるし、視界も良いが、逆に快適なので満足してしまい、おすわりしたままになってしまい、ハイハイしたがらなくなる?)

4.背もたれのあるイスや足がつくイスにすわらせることなら良い。
(短時間)

5.床にすわらせた時、首や腰が不自然な姿勢だったら、また余裕がない表情ならやめたほうがいい(表情もポイント。)

6.筋力が弱くなければ、あまり気にしなくてもいい?

欠失型よりUPD型の赤ちゃんのほうが筋力は強いことが多いようなので、その場合は健常児と同じようにあまり気にしなくてもいいのかもしれません。(?)早期から成長ホルモン療法をしている場合も同様かもしれません。

多くの育児書などには「寝返り」「おすわり」「ハイハイ」の順番で書いてあるし、これまではPWSでもゆっくりなだけだけで、健常児と同じように(そしてていねいに)育てればいい、というようにしか言われてきませんでした。そのため「おすわりは自分でできるようになるまではさせない」という私の考えが受け入れられないのではないかと思っていました。

それからその前の段階で重要な「うつぶせ」も今の時代では、抵抗があるように思います。(先日も保育所でうつぶせにされたと言って、激怒した父親の事件があったようですね。)

PWSは知的障害と分類されて、体のことよりも知的な面ばかりに注意が向きがちだと思うのですが、体と心や脳は密接な関係があるので体も重要だし、肥満と過食に問題を抱えているので、より『肥満しにくい体』を作ることは大事だと思います。(PWSの問題は脳にあるとすれば、身体障害?)

『肥満しにくい体』の効果としては

①多少たくさん食べても大丈夫(食事制限を少なくできる)

②食事制限を少なくできれば、ストレスが減る(親も子も)

③成長ホルモンの効果があがる(らしい)

④友だちと一緒に遊べる機会が増える(小学生くらいまで?)

もちろん、『肥満しにくい体』でPWSの問題全てが解決するわけでもないし、もっと大事なこともたくさんあると思います。

suzuさんが書かれているように、視線を高くして、両手を使うことも、また親子のふれあいは特に大事だ、と思います。

体、心、脳、いろんな側面から少しでも子どもたちにとって、より幸せな生活を送ることができるようになることをみんなで考えていきたいです。

そして、このようなものをまとめ、プラダー・ウィリー症候群のための子育てガイドブックのようなものもできるといいと思います。

※早く歩ければそれだけで運動が得意になる(筋力が向上する)というわけでもないでしょうし、歩行時期が多少遅くても、いろいろな働きかけをすることで向上は可能だと思います。やはり積極的な働きかけが重要だと思いますので、運動発達や脳にいい療育(遊び)はわけて書きますね。

(続く)

| | コメント (2)

運動発達や脳にいいこと(療育)

障害のある子どもを持ってからはじめて知ったコトバ『療育』。私なりの解釈でいうと(障害を持つ子どもにとって)「運動発達や脳にいいこと」っていう感じかな。

「うつぶせ」に慣れさせておくことや「寝返り」を促すことは、体幹を強くし、ハイハイに移行しやすくなると思います。

1sai001_1 残念ながらタウルスの寝返りの写真は見つかりませんでした。寝ている時もおきているときもほとんど「うつぶせ」だったのです。記念写真をとるためにわざわざちゃぶ台の上に載せています。何か食べているようですね。(9ヶ月。)

「寝返り」を促す方法については、aimiママさんのブログ4/11の記事写真つきで紹介されています。また、凪ママさんのブログ5/8の記事おもちゃをうまく使って寝返りをさせている様子が載っています。ポイントは頭より前のほうに腕がいくとやりやすいようですね。(了解を得て載せています)参考にしてください。

独歩の前後にうちでやっていたことや療育施設や幼児教室でやっていたことを羅列してみます。こちらも参考にしてください。10年経っていますが、今でも大丈夫だと思います。ほかにも今現在、いろいろなところで受けている指導なども紹介してくれる方がいるといいですね。(suzuさん?)

療育施設では、大きなボールや小さなボールのプールなどがありましたが、そのほかは特別な道具は必要ありません。(歩行器や特殊なイスは必要ないし、自分で乗れないものはやめたほうがいい?と思う。)

たかい、たかい(時には上に放り投げる)

広げた大きな布を上からふわっと上に下ろしたりあげたり

大きな布に子どもを入れて大人が二人でゆする

手を持って大人の体を登らせる

すべりだいを坂の下からはだしでハイハイでのぼる

・たくさんの小さなボールのプールに入る

そのボールをならべた上にマットをのせて、その上に座らせたり、よつばいで載せ、マットをゆらす

ジャングルジムをのぼらせる

リズム(とんぼのめがね・よちよちあひるさんなど)

マット運動(前転など)

大きなブランコにまたがって揺らす

手遊び(キャベツのキャキャキャ、アンパンマンのうたなど)

くすぐりっこ(いっぽんばし、こちょこちょ♪)

腹筋(おふねはぎっちらこ♪)

手押し車

・ハイハイで階段をのぼりおり

※サッカーW杯。タウルスも選手発表の行方を気にしていましたが、その発表されたせいでしょうか、ブログがなかなか動かずに困りました。

| | コメント (0)

2006/05/16

消えた~

ついに『就学相談票』なるものが来たので、ブログに書いていたら、途中で変なところを押しちゃって、全部消えてしまいました~

もう最後のほうだったのに…

というわけで、また今度、気を取り直して書けたら書きます。

※タウルスはジーコ監督、大黒、三頭主がスキらしい。(私はさっぱりワカリマセン~)

oyasuminasai

| | コメント (0)

2006/05/14

カレーとカーネーションとマグカップ

タウルスはカーネーションと食材を自分のおこづかいで買って、野菜たっぷりカレーを作ってくれました。

Reji (サンダルの左足が痛々しいです。)

私が見守りながら、一人で全部買いました。

Vfts0005_2

タウルスは「おいしくなぁれ、おいしくなぁれ、おかあさんがカレーをすきになりますように」と呪文を唱えながらいっしょけんめいに炒めていました。(最初カレーを作る、と聞いて、「別な料理がいいけど…」と言ってしまったので)

そして、できたのがこちら↓

Vfts0002_2

(感動のためカメラを持つ手が震えている?)

今年はお兄ちゃんまでマグカップのプレゼント(*^_^*)

Vfts0001_1

(ちょっと父の日っぽいイラスト?)

| | コメント (6)

2006/05/13

母の日カード

照れくさそうに学校で作った母の日カードをくれました。

Hahanohi_3

(この絵、かなり似てる?)

普通お母さんといえば「ごはんを作ってくれてありがとう」だと思いますが、このメッセージ…

「パトロール」「バリケード」はPTAの仕事です。いかにわたしがPTAしてたかが、この中に現れているような気がします。(汗)

実際、タウルスが怪我をした日は午前中親の会の理事会、午後PTA送別会の委員長でフル回転でした。

協会の仕事で早朝から横浜に行った時も事件がありました。

やっぱり、PTAなどの仕事は減らそう、減らすしかない、と思いました

昨日は、遠足だったので、タウルスは休んで病院へ。

無事に抜糸したんだけど、なんだか傷口がちゃんとくっついていないかったし、見た目もグロテスクだいじょうぶかなぁ…

担当の医師が若いおにいちゃん先生でタウルスは(母も)お気に入りです。(若い看護婦さんたちもいい感じで、タウルスは調子に乗って愛想よく手を振ったりしています。)

「おぅ!もう今度はケンカしちゃだめだよ~」なんて言ってくれてノリがいいのです。

(学校でも怪我のことを)「学級の○○先生が『どんまい♪』って言ってくれたんだよ、そういってくれたのは一人だけだった。」と嬉しそうに言っていました。ちなみにこの先生も若いです。若けりゃいいってもんじゃないけど、変な自信を持ってしまったベテランより、いいかも…

貼ってもらったテープがはがれないかどうか気になって仕方がないようです。学校でも気にして触っていたら、タウルスのことをあまりよく知らない先生が「はがしちゃダメよ。」って言ったらしく、タウルスは「○○先生はキライ!はがれないかどうか見ていたのに!!」と言っていました。

(決め付けた口調や命令口調には敏感です。)

テープがはがれないかどうか気にしたり、先のスケジュールを気にしたり、っていうのは「不安が強い」ってことらしい。どうしてかなぁ?

(お友だちから)

『不安が強いというのは失敗体験があるとか、何かに過敏で嫌な経験があるとか、もやもやしてわからない、自信が持てない、等が根底にあるわけです。自己有能感とは逆の方向のものです。自己有能感が充分あるお子さんだと、個人差はあっても、予想外の事態に結構対応できる、という特徴があると思います。彼が実は自信がなくて、できるようになりたい、という部分があるのではないでしょうか。そしてこれは、認知面での、状況の「わからなさ」とかなり関係があるという気がしています。

確かに、状況がよく理解できていないことや誤解してしまうところがあります。不安を少なくすには、自己有能感を持たせ、できない部分で、がんばった自分、昨日より大きくなった自分を感じさせるといい ということらしい。う~~~ん、どういうふうにしたらいいのかな?

ところで、学校で書いているものといえば、日記もあります。

ほとんど

①「きのう○○しました。たのしかったです。」

もしくは

②「今日は○○しました。うれしかったです。」

の二通りのパターンで書いています。

が、ある日の日記。

「きのうはじびかにいきました。みみをなおり(し)にいきました。いたか(っ)たです。うれしかったです。」

と②を使用していて、笑ってしまいました。

【昨夜のメニュー】

・ゴーヤチャンプル(豚肩ロース薄切り200g、木綿豆腐半丁、卵3個、ゴーヤ大きめ1本)
・海鮮水餃子(市販冷凍品)
・シークワーサーハイ(私)

3人だったので、ゴーヤチャンプルはちょっと量が多すぎました。

| | コメント (6)

2006/05/12

傷対策

(お友だちからの情報です。ありがとうございました。)

かきむしり防止対策常備薬として必ず家にあるのが以下の4つ。

もちろんすり傷などにも効果的ですが、ばい菌がはいり腫れて膿をもった傷などにも効果大!!(病院の先生に聞いた処置方法)

商品名は製造元によって異なるようです。

①イソジンきず薬

茶色っぽい液体

060512_213453

② アクリノールガーゼ

黄色い液体で一枚づつ取り直接傷口につけます。

060512_213723

③滅菌パッド

一枚づつ入ってますがサイズにより枚数が違います。
Mサイズで8枚入り。
傷口によりカットして使用できる。ガーゼと似ていますが、脱脂綿が穴空きポリエステルフィルム(透明)で覆われているので傷口に張り付く事がないし通機性がよい。

060512_213904

④プロテクターフィルム

特殊防水フィルムです。
空気と蒸気だけを通しカブレやムレの心配がほとんどありません。

060512_214006

子供の足指などの小さい所には④ではなく③の後に、テーピングテープ?(正式商品名が不明…伸縮性抜群)をまくといいです。ただテーピングテープだと防水ではないのですが。

060512_214007

【最近のニュースから】

●都の障害者年金、11年に破綻の恐れ
両親らが亡くなった障害者の生活を支えるため、東京都が37年前に創設した心身障害者扶養年金制度が、2011年にも破綻する見通しであることが、都の推計で分かった。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060512/K2006051203000.html
●千葉県浦安市に住む知的障害のある女子生徒(14)が小学校時代、担任の男性教諭(46)から受けた性的虐待を防げなかったのは行政側にも責任があるなどとして、女子生徒と両親が11日、県と市、教諭を相手取り、約2000万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

| | コメント (0)

2006/05/10

タクシーごっご

タウルスは、時々自宅で一人遊びをしています。

いつも設定は同じでタクシーごっこです。

手袋をはめ、動物のぬいぐるみたちを並べ、チケットのようなものを準備して「なりたくうこう」「はねだくうこう」などと紙に書いています。

タクシーって彼の中ではあこがれの乗り物のようです。たしかに一番ラク♪だけど、他に何か特別な魅力があるのかしら。タウルスは乗り物好きだけど、残念ながら新幹線には乗せた事がないから、今のところタクシーが一番だけど、新幹線に乗ったら新幹線ごっごになるのかしら。

タウルスの怪我その後が気になるところですが、「はるだけで自然治癒力を高める」っていうバンドエイドから出ている「キズパワーパッド」を貼ったら、かきむしらずに2日でキレイに治ったという話を聞きました。

Pad_top03_3

以前、夫(新しいもの好き。チャレンジ精神旺盛)が以前買ってきて、何度か使った時は、いまいち効果が感じられなかった。貼りつづけないではがしちゃったからかな?今度またチャレンジしてみようっと思いました。

| | コメント (4)

2006/05/09

まずは教師から

今日、タウルス兄のほうの中学の部活の保護者会でした。

顧問は今年からY学級に来たという先生だったんだけど…

その先生ったら、私という知的障害の弟がいる保護者がいることも知らず、「普通の学級を18年の後、ココに来たけど、Y学級は大変で朝から夕方まで子どもにかかりきり」(いかにも嫌そうに)とか「二桁の足し算の子から普通のレベルの子までいるし」「床掃除もできない子達なんで床が汚いのでそれを掃除するところから始まるんですよ」って。
もう!たいへん~!って感じありありでした。

よっぽど「うちの子が来年お世話になります!」って言おうかと思ったけど、言わないで何を言うのか様子をみてやろうと意地悪な気持ちになってしまいました。

まずは教師から、障害者を理解する教育をしっかり受けてきて欲しいもの。面倒な子供という認識は教師としてレベル低すぎだし、他の保護者への悪影響大!と思いました。
タウルスが入学したらその先生がいるわけで、ちょっと考え物です。1年後にどう変わっているのか…3年後なんて、おおぼけなマチガイを書いていたので、訂正しました。)

※同業者の方には、感じが悪い記事ですね。ごめんなさい。

タウルスの足。
抜糸の予定だったのに、診察してみたら「まだ延ばしましょう」ということになってしまいました。
たぶん、土曜日の診察の時に透明のフィルムだけになったので見えると気になってしまい、そのフィルムの上から触っていたからだと思います。だから、今度は見えないようにしてください、ってお願いしました。

| | コメント (4)

2006/05/07

栄養計算ができる食事日記

長~く感じたGWも今日でオワリ。

タウルスは途中になっていた毛糸の帽子の続きを編んでいました。病院の待合室で編んでいたら、周りの人に感心されて、得意になっていました。

どこにも出かけないと、3食ごはんを作らなくてはならないのが、面倒。最後の晩御飯はオットに頼みました。(野菜炒めとししゃも)

そういえば、メニューといえば、以前ブログに書いた「カロリーママ」のホームページ『かわるナビ』がオープンした。管理栄養士と栄養士のリカさんによるブログもあるし、5月下旬には食事日記(会員のみ)がはじまるらしい。(以下抜粋です。)

「カロリーや栄養バランスはどうなっているのかな」「どのくらい運動すればいいんだろう」「きちんと記録しながら食事改善していきたい」、そんなあなたにおすすめなのが食事日記。この食事日記をつけると、カロリーママ(管理栄養士)の食事添削&アドバイスを受けることもできるようになります。

ついに、ストーブ3台をしまいました。石油ファンヒーターって残った灯油の処理が面倒。今日は寒くないのに最後の残った灯油を使い切るためにストーブをつけたのですが、みなさんはどうしてるんでしょう?

060506 Vfts0003_3

| | コメント (2)

2006/05/06

パン・牛乳製品断ち

自閉症の子にグルテン・カゼインダイエットが奏効することがあるのは知られていて、うちでも息子にパン・牛乳製品断を試みたことがあった。効果はびっくりするほどで、生活の混乱の主原因になっていたパニックやこだわり、かんしゃくなどが激減し、…

たまたま見つけたブログ『脳が好き』からこんな記事を発見!
(このブログにたどり着いた元のブログもおもしろそう『自閉症とのつきあいから』)

うちはもともと牛乳に否定的だったのですが、タウルスが大好きなので飲ませていましたが、ちょっとこれは試してみよう!と思いました。

| | コメント (0)

2006/05/05

こんなはずじゃなかったのに…

昨日、私は一人で高尾山へ行きました。

いつもようのうにびわ滝コースを使いましたが、大渋滞。びわ滝コースは細いので余計に渋滞するみたいです。高尾山から先の小仏へ向かう道は広いし、空いていました。

ゴールデンウィークなのに、なぜ一人で行ったのか?

GWはテントを張って、キャンプとハイキングの予定でしたが、アクシデントがあって全部ダメになってしまったからです。

GW前日、私の留守中に兄弟げんかをしてタウルスが怒ってサッシを蹴飛ばし、ガラスが割れて自分の足を5センチほど切ってしまったのです!!!
(注:ケンカというよりもタウルスが勝手に怒る)

救急で病院で診てもらい、麻酔をして縫いました……

ガラス代25000円、病院代5000円……

しばらく安静……

来週にある学級恒例の高尾山遠足も参加できません…
(小学校最後の遠足なのに)

タウルスは時々なのですが、怒ってカッとなると大声で怒鳴ったりします。なぜか兄弟げんかの時は物に当たってしまい、これまでテレビのリモコンを二つ投げつけて壊し、イスの足が折れたこともあります。PWSの影響なのか…今回はちょっとさすがに私たちも落ち込んでいます。

決まってそういうことが起きるのは私が留守の時なので、兄弟が二人だけになるような設定を避けるようにしたほうがいいのか…

今日は近所のうちに勝手に入り込み鯉をバケツですくってとっているところを発見!!

はぁ…(-_-;)

自宅から出ないように鍵をかけて、外に出ようとするとアラームがなるようにしている人の話を聞いたことがあるけど、もし、こんなことばかりだと、親子で家にこもらなければならなくなりそうです。

《やくそく》というメモを書いて反省させましたが、はたして効果があるでしょうか?

こういう時にガラス代や治療費が出る保険はないかしら?って思いました。

(↓もご覧ください。)

| | コメント (8)

タウルスのガラス事件を相談したお友達から①

(こんなコメントをいただきました。特に私が嬉しかったところ、今後の参考になるところを赤字にしました。ひとりで悩まずに相談してよかった。ありがとうございました。掲載了承済み。)
普通の小学六年から中学一年の男の子は「とにかく事故に気をつけないと」と学校の先生は言うそうです。
ホルモンの関係で衝動性が高くなり、一方、自分で思ったよりも(子どものときよりも)数倍の力が出てしまう。中一前後が一番、その加減がわからなくて、ケガをするそうです。
荒れている学校だから、ではなく、ふざけていても救急車を呼ぶ事故になることがあります。
「あなたは小さいときと違って、今はお兄さんになったから、すごい力がでちゃうんだよ」と教えて置いて下さい、と、公立の中学校の中一の保護者会で言われました。
何かなぐろう、蹴ろうとしたときに、地面を蹴るとか、安全なものにあたるようにするとか、気持ちの持って行き場を決めて置いてもいいかも
というのは、ものにあたることじたいは、反社会的な行為ではなく、むしろ、お兄ちゃんは殴ってはいけない、という本人の意思なのでは?
ものを壊して自分がケガをするのは困りますが、
人にケガさせることを考えると、数倍いでしょう?
ものや何かを蹴る、等で、最初の怒りはかなり目減りします。
衝動をその場で自制するのはかなり難しいので、
困らない発散のしかたを教えておくのがいいのではないかなあ。
健常児でも、思春期にもてあます子はいものすごくたくさんいます。
お兄ちゃんはおとなしいのかもしれないけど、個人差ですからね。
あと、認知の問題で考えが狭くなってしまったり、言葉で思いっきりいいかえせないと、ストレスの度合いが高くなって、爆発することもあるのかもね。
よそのうちの「こい」は、
状況で一つ一つ教えていくしかないかもね。
でも、生き物を育てたくなったとしたら、成長ですよね。
めんどうをひきうけて、生きているものの成長を見守ろう、
とするのは、忍耐や寛容さの育ちと関係するそうです。
(↓もご覧ください。)

| | コメント (0)

タウルスのガラス事件を相談したお友達から②

『心身障害者総合補償制度』(AIU)というのがあり、ジェイアイシーという代理店が、このAIUの保険を取り扱ってます。

トランポリンから降りたはずみにぶつかってガラスを割った、
遠足の土手すべりで子どもが骨折した。
ぴょんぴょん飛ぶ子が、ぶつかって職員の前歯を折ってしまった。
職員のメガネを壊した。
備品を投げて壊した。
などの事例を知っていますが、全部、問題なく出たようです。

それ以外では、一人通学している子がお店のものを壊したとか、柵を壊したとか、人のカメラを持って落として壊したとか、
どこかから落ちてケガした、等の自分のケガで請求する人も多いようです。
やけどとか、カッターで手を切った、なども、病院にかかれば出ます。
普通の保険と違うのは、対人、対物の保障があることですね。
他害でなくても、ぶつかって両方の子どもがケガをしたとか、先生のものを壊した時に、先生も言いだしやすいようです。

ホームページから申込書を取り寄せられると思います。
http://www.jicgroup.co.jp/hc_per_a01.html

「心身障害者総合補償制度」
☆障害の程度にかかわらず加入でき、本人のケガの保障と対人、対物賠償がセットされています。

●  対人・対物賠償
1事故 3000万円 まで
 (自己負担1,000円)
他人の物を壊したり(メガネ・窓ガラスなど
他人にケガをさせてしまったときの補償
※ 保険期間中であれば、何度保険金をお支払しても保険金額は減少しません。

例)他人の眼鏡を誤って壊してしまった

本人の傷害(ケガ)見舞金… 加入された本人が偶然の事故によりケガをした場合。(国内外を問いません)

●  死亡・後遺障害見舞金
   249万円
      ~約7.4万円
事故の日から180日以内に本人がケガで死亡したり、身体に後遺障害が残ったとき
(死亡補償額の100%~3%)

     例)交通事故で亡くなられた

●  入院見舞金(手術補償金)
1日 2,500円
本人のケガで入院または入院に準じた状態のとき
(事故の日から180日が最長支払対象期間)
※ 手術補償・・・手術の種類に応じて入院補償
         10・5・2.5万円

  例)階段で転倒し骨折して入院した

●  通院見舞金
1日 1,500円
本人のケガで通院したとき
90日限度(事故の日から180日が最長支払対象期間)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というような内容で、年間の掛け金は、8000円、10000円、12000円とあります。
(さっそく、資料請求し、申し込むことにしました。by うらら)

| | コメント (0)

さらにもう一人から

(重要なコメントをいただきました。ありがとうございます。掲載了承済み。)
コメント引用の中で、もう一箇所
赤線にしてほしい箇所があるのです。
何かなぐろう、蹴ろうとしたときに、地面を蹴るとか、安全なものにあたるようにするとか、
気持ちの持って行き場を決めて置いてもいいかも。
この部分です。赤字、太線、下線にしました。うらら)
代償行為が、意識の中で用意されているということは、とても重要だと思っています。
約束を文にするにしても、その代償行為まで書き込むのと、それをしないのとではずいぶん効き目が違うし、本人の自覚も違ってくるのではないでしょうか。
是非、本人に 「どうすれば我慢できるか」 考えてもらってください
きっとすぐには上手くいかなくても、コントロールできるようになると思います。
ソーシャルストーリーを考える際も、こういう問題には必ず代償を用意するようです。
ただただ我慢しろ、というのは本人にとって酷な事なのでしょうね。
それから、タウルス君の、お兄ちゃんに対する気持ちも整理してあげた方がいいのではないかと思いました。

| | コメント (0)

2006/05/02

遠足のお弁当

今日は遠足。普通学級の5・6年生と心障学級の5・6年生も一緒です。5年生に仲良しのガールフレンドがいるのでタウルスはよけいに張り切っています。

「肉をバスにぶら下げるから、ライオンが飛びついてくる~~。こわ~い。」とライオンバスを楽しみにしています。

それから、オヤツ。オヤツは金額などは自由で「自分で考えて食べられる量を持ってくること」という設定でしたが、私は「300円以内」と言いわたし、内容はタウルスが自分で考えて290円分購入。

お弁当はタウルスのリクエストを考慮した内容になっています。

Vfts0001_5

タイトルにするのは恥ずかしいようなお弁当ですが、一応記録、ということで

ごはん(ごま塩、梅干いり)、ミートボール2個、卵いため、インゲンいため、ミニトマト2個、新じゃがをゆでただけ(小1個)

※容量600mlのお弁当箱使用

| | コメント (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »