« 口腔機能 | トップページ | 口腔機能-② »

2006/05/31

おしゃぶり賠償提訴

ちょうど、今日こんなニュースがありました。(2005年1月に日本小児歯科学会がまとめた「おしゃぶりについての考え方」はこちら

「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴

 おしゃぶりを3歳まで使い続け、あごが変形するなど深刻な障害が残ったとして、横浜市の少女(6つ)と母親が31日、おしゃぶりを販売した大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、おしゃぶりはドイツのメーカーが開発し、コンビが輸入した。少女は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も3歳10カ月で歯科医に止めるよう言われるまで、就寝中に使った結果、あごが変形したほか、歯並びが悪くなった。
 歯並びは矯正治療で改善したが、「受け口」や舌足らずな発音、口でしか呼吸しないなどの症状が残ったという。
 完全に治すには、今後13年間かかるとして、治療費などに相当する賠償を求めた。

(共同通信) - 5月31日19時30分更新

|

« 口腔機能 | トップページ | 口腔機能-② »

コメント

私もこの記事は読みました。

こころの中のことば……

お母さん、あんた○カ?
一日十何時間もおっぱいくわえてる赤ちゃんがいる?

投稿: さち | 2006/06/06 14:23

さちさん、いつもながら手厳しく正しいご意見!
15時間といえば起きている時間はほとんど全部、ですもんね。

ちまたにあふれる魅力的な広告や、噂話。
自分の判断力がいかに大切か、ということを感じるこの頃です。

知識だけでなく、勘のような判断力が必要。
私の場合ですが、自慢ではありませんが「知識」が無いので、基本的に「自然から学ぶ」スタンスですが、それが結構おススメだと思います。
赤ちゃんが泣くのは理由がある。それに応えるコトが必要だからこそ、泣く。それを道具でごまかすっていうのは違うと思う。
おしゃぶりだけでなくいろいろ魅力的にみえる商品には要注意。
道具ではなく自分の頭を使いましょう!
さちさんのような人には、あったりまえの話だよね。きっと。

投稿: うらら | 2006/06/06 20:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 口腔機能 | トップページ | 口腔機能-② »