« 消えた~ | トップページ | 「おすわり」について(ブログコラボ) »

2006/05/17

運動発達や脳にいいこと(療育)

障害のある子どもを持ってからはじめて知ったコトバ『療育』。私なりの解釈でいうと(障害を持つ子どもにとって)「運動発達や脳にいいこと」っていう感じかな。

「うつぶせ」に慣れさせておくことや「寝返り」を促すことは、体幹を強くし、ハイハイに移行しやすくなると思います。

1sai001_1 残念ながらタウルスの寝返りの写真は見つかりませんでした。寝ている時もおきているときもほとんど「うつぶせ」だったのです。記念写真をとるためにわざわざちゃぶ台の上に載せています。何か食べているようですね。(9ヶ月。)

「寝返り」を促す方法については、aimiママさんのブログ4/11の記事写真つきで紹介されています。また、凪ママさんのブログ5/8の記事おもちゃをうまく使って寝返りをさせている様子が載っています。ポイントは頭より前のほうに腕がいくとやりやすいようですね。(了解を得て載せています)参考にしてください。

独歩の前後にうちでやっていたことや療育施設や幼児教室でやっていたことを羅列してみます。こちらも参考にしてください。10年経っていますが、今でも大丈夫だと思います。ほかにも今現在、いろいろなところで受けている指導なども紹介してくれる方がいるといいですね。(suzuさん?)

療育施設では、大きなボールや小さなボールのプールなどがありましたが、そのほかは特別な道具は必要ありません。(歩行器や特殊なイスは必要ないし、自分で乗れないものはやめたほうがいい?と思う。)

たかい、たかい(時には上に放り投げる)

広げた大きな布を上からふわっと上に下ろしたりあげたり

大きな布に子どもを入れて大人が二人でゆする

手を持って大人の体を登らせる

すべりだいを坂の下からはだしでハイハイでのぼる

・たくさんの小さなボールのプールに入る

そのボールをならべた上にマットをのせて、その上に座らせたり、よつばいで載せ、マットをゆらす

ジャングルジムをのぼらせる

リズム(とんぼのめがね・よちよちあひるさんなど)

マット運動(前転など)

大きなブランコにまたがって揺らす

手遊び(キャベツのキャキャキャ、アンパンマンのうたなど)

くすぐりっこ(いっぽんばし、こちょこちょ♪)

腹筋(おふねはぎっちらこ♪)

手押し車

・ハイハイで階段をのぼりおり

※サッカーW杯。タウルスも選手発表の行方を気にしていましたが、その発表されたせいでしょうか、ブログがなかなか動かずに困りました。

|

« 消えた~ | トップページ | 「おすわり」について(ブログコラボ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消えた~ | トップページ | 「おすわり」について(ブログコラボ) »