« 割り算 | トップページ | 表情3点(1歳~) »

2006/05/18

就学相談票

さて、気を取り直して前回の続き。

『就学相談票』が学校から配布されてきましたが、はじめて見るものなので興味津々。

意外だったのは、就学先の希望を記入する欄「通常の学級」とか「心障学級」とか「盲学校」「ろう学校」…などという種別のほかに更に具体的な学校名を書くようになっていること。

(だって、まだこれからそれを決めるんだと思っていたー。中3のお兄ちゃんだって、どこの高校を受験するかっていうのはこれから考えるんだし。)

それから、これまで受けた『相談・治療の経過』という欄には診断の結果を記入するようになっている。何をどう書くのでしょう?○才の時に○才程度の発達だったとかIQ65とか、そういうことかしら?

なぜか、私はこれまでの身長や体重、体脂肪というものは控えてあるのですが、IQ関係の記録がない。これまで何度も受けたはずなんです。控えていないのは、決して故意とか認めたくない、とかそういうことではなく、自分の中では重要じゃないから、だと思うのですが…

それから、最後の質問項目は『日常生活の様子』です。

例えば

「排泄」
(1)全面介助(・まったくできない ・でれば教える ・出る前に教える)

(2)一部介助(・パンツを自分でおろせる ・尻をふいてやる ・パンツは自分ではく)
(3)どうにか一人でできる
(4)一人でできる

となっています。

こんなふうに「食事」「衣服の着脱」「遊び」「集団参加」「安全面の配慮」「身体状況」と続きますが、タウルスはココまでは全ての項目が「できる」「問題なし」という感じです。

問題は、最後の『行動で心配な点』です。あてはまるものに○をつけるのですが…( )に私のコメントをつけてみました。

(1)叩いたり、押したりする
(状況によってはそういうこともありうる)

(2)噛み付く、引っ掻いたりする
(保育園の頃はありました。今はないと思う)

(3)衣服を破る
(胸についたゼッケンを無理やりとってしまったことがあり、縫い付けていたところが破れたことがあります。)

(4)器物を壊す
(この間のサッシ蹴り事件、イスの足、リモコンなどが該当する?でもこの質問は学校でのことかな?)

(5)物を投げる
(同じく、家では怒ってリモコンを投げたことがあります。)

(6)頭を器物に打ちつける
(痛そう… これはありません。)

(7)自分自身を噛んだり叩く
(同じくなし。でもかきむりしりはこれに該当するのかな?)

(8)特定の物に固執する
(あんまりないと思う。人にはこだわる。バンドエイドを貼るのはおかあさんとか)

(9)園外へ飛び出す
(園外??? これって園児向け? 一度学校で怒られて一人きりにされ、抜け出して自宅に帰ったことがある)

(10)視線が合わない
(合う。だけど話している人の顔を見ないときがある)

(11)落ち着きなく動き回る
(状況によってはそういうことも)

(12)何でも口に入れる
(食べ物以外は入れません)

(13)高いところに登ったり、飛び降りる
(友だちと公園で遊んでいる時にはやっている)

(14)偏食がある
(まったくなし)

(15)急に泣いたり、はしゃぐ
(ない。でも嬉しいことがあると妙にハイテンションになる。)

(16)奇声を発する
(大きな声の時はある。これを奇声ととるかどうかの問題。なんか奇声ってコトバやだ。)

(17)おおむ返しの言葉になる
(ならない。繰り返し同じ質問をする時はあるけど。)

(18)他人との意志交換ができない
(意志疎通はできる。でも勘違いでなかなか話がまとまらない時がある。)

とこんな感じです。

それにしても「計算」「文字」「言葉」についての質問がまったくないのはどうしてでしょう?そういうことは問題でないということかしら。

小学校に入学の時の就学相談は噂にたがわず、とても嫌な思いをしました。「わざと困った状況を作って、そういうときにどういう行動を取るか見る目的」だったそうですが、親としては子どもの状況をわざと悪くしているのを目の前で見ているのは耐えられない。あのやり方はどうしても納得できません。

通っている園や施設の保育者や主治医の診断書などではダメなのかしらと思うのですが…

さて、今回はどうでしょう?

※ところで、携帯電話のメールですが、近頃メールが少ないなぁと思っていたら…

相手は送ったつもりなのに、こちらに届いていなかった、ということが判明しました。メールをくださったのに、返事がないと思っていた方、失礼いたしました。2・3日しても返事がない場合は、お手数ですがご連絡ください。

どうしてなのかはボーダフォンに問い合わせしています。

|

« 割り算 | トップページ | 表情3点(1歳~) »

コメント

うららさん,こんにちは。
就学相談票,項目多いですね。びっくりです。
ウチは小学校もまだ先ですが,「わざと困った状況を作って、そういうときにどういう行動を取るか見る目的」でどんなことをしたのか,機会があったら教えてください。
そういえば,療育手帳申請の時も,初めて会うお医者さんが短時間診ただけで度数を判定するなんて,何か変!と思いました。
「通っている園や施設の保育者や主治医の診断書などではダメなのかしら」
本当にそう思います。

投稿: おけい | 2006/05/21 11:51

おけいさん、こんばんは~

>わざと困った状況
普通、小学校入学前の子どもは笑顔で親しみやすく話しかけられた経験しかないと思うのですが、終始一貫して、「冷たい態度」「無表情」でたんたんと大人に話しかけるような感じです。
あらかじめ「言葉がうまく話せない」と説明してあるにもかかわらず、「今通っている保育園の名前を言ってください。」みたいな。
通っていた保育園の名前は「○○第○保育園」という名前でしたが、私たちだって正式名称ではいつも話していなかったのですし、息子が答えられるはずがありません。
途中でたまりかねて「この子は言葉がうまく話せないと書いたはずなんですが」と言ったら「わかっています。わざと困った状況にして、どういう反応か見るのが目的です。」と。(ー_ー)!!
つまり「普通学級に入ったら、わけのわからない状況があるので、その場合どうなるかということを試した」というのでしょう。
私は「普通学級か心障学級を希望」と提出していたせいだと思います。ちなみに息子の反応はイスにすわっていられずに床を這い回る、という反応でした。
普通学級にいて「イスにすわっていられるかどうか」というのはひとつの目安なのか、判定は(嫌な言葉です。)「少人数での指導が適しているから心障学級」というものでした。
そうして、すなおに判定に従って心障学級に入学したのですが、本人は低学年の頃は「普通学級に行きたい」と言っていましたが、今は「勉強がむずかしいからヤダ」と言っています。

投稿: うらら | 2006/05/21 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 割り算 | トップページ | 表情3点(1歳~) »