« 大学のゼミ | トップページ | もうひとつの心障学級 »

2006/06/25

将来を見据えて

昨日のワークショップのテーマは「就労に必要なこと」「周囲の対応について」では、とても考えさせられることが多かった。うちの場合、なんとなく毎日を過ごしてしまって、いつの間にか6年生。

その時々ベストなことだけでなく、将来をどうしたいのか、ということを考えて、そのためには何が必要なのかということを親が考えて育てないといけない、と言うこと。

講師の先生だけでなく、タウルス担当のボラさんにも同じようなことを言われた。サッカーをして遊んでもらったのだけど、そういうふうにただ遊ぶだけでなくて、目的を持って過ごしてもいいのではないか、と。

タウルスよりも少し年上の男の子はしっかり実践しているようで、とても安定しているし、終了後の懇親会でもママから言われなくてもウーロン茶を選択し、からあげのコロモを取り除いて食べていました!!(もちろんスリム)ああいう育て方も可能だったのか!

それに比べたら、一番最後まで食べていた息子はジュースもしっかり2杯+少し。う~~~~ん。

うちは太っていないので、あまり食事に関して厳しくしていなかったのだけど、「食べ方」というのは他のことにも影響するらしい。「急いで食べると行動に影響する。あせったり、あわてたりする」というようなお話だったのだが、思い当たる節があった。

食べることだけに集中させないで、途中で話しかける、とかの工夫をしてみよう。

講師の先生、どうもありがとうございました。

そしてボランティアのみなさん、どうもありがとうございました。

参加した方たち、お疲れ様でした。

ご自分のお子さんの療育をビデオにとって持ってきて見せてくれた方、どうもありがとうござました。

それにしても、全員だっこしたかったけど全然、時間がなかった。毎回なんで時間が足りなくなるんでしょ?

いつも犬の散歩をしている仲間のおじ様たちからジュースをもらって飲んでいたことが判明。やっぱり一人で行動するようになった時に、自分でコントロールできるように育てるか、一人で行動させないしか、ないのだろうか…
とりあえず、おじ様たちに訳を話して、しばらく散歩はお休みすることにした。

|

« 大学のゼミ | トップページ | もうひとつの心障学級 »

コメント

ワークショップ参加できなくて残念です。
講師の方のお話を聞くのはもちろんですけど、皆さんにお会いしてお話を伺いたかったです(>_<)
「将来を見据えて」って今まで全く考えていなかった(+。+)とりあえず「今」に必死で…。
育て方で違うものなんですね。「から揚げの衣を除く」って凄いです。自分の事を理解しているんですね、きっと。私も「今」が「将来」に繋がるように考えなくては!と思うものの、どうすればいいのやら…。
食事に関しては今とっても困ってます(T_T)どんどん飲ませ、食べさせ、大きくさせるのか、それとも将来は過食に悩む(かも知れない)から食べる分だけで良いのか…。先生の意見も色々で難しいです。

投稿: ちっこいの | 2006/06/27 01:13

ちっこいのさん、お会いできなくて残念でした。また、いつか参加してください。

うちはもう6年生だけど、ヒカリちゃんはまだまだ当分「今」に必死でいいと思いますよ~

食事の量のこと。あまり栄養が少ないと脳の発達や抵抗力の面で心配だし、反対に多くして体重が増えすぎると筋力が弱いから動きづらくなりそう。
どっちも100%というのはなかなか難しいそうだから、その辺の兼ね合いを見ながらってことになるんでしょうね。

投稿: うらら | 2006/06/27 22:06

こんばんは。先日は懇親会に参加できなくて残念です。

あの中学生のお子さんは、痩せてるなと思ってたのですが、唐揚の衣を自分で除いて食べるなんてことができるんですね。すごい!
そういう育て方って、どーしたらできるんでしょう?(あまりガチガチにしてもダメそうだし...。)知りたいものです。

前回の講演で、”親の管理が必要”というような話があったのですが、私のように高齢出産だといつまで親が管理できるかわからないので、やっぱりある程度セルフコントロールができるようにした上で他人の手にゆだねていくしかないのではないかと思ったりしています。

ところで、散歩お休みの件はタウルスくんに何と言って説明されたんでしょうか?

投稿: suzu | 2006/06/27 23:25

suzuさん♪

本当に彼はいい笑顔だし、落ち着いてプリントに取り組んでいたり、ストレスはなくうまく生活できていそうな印象でした。

わたしは周りの子どもと同じにできないことがかわいそうな気がして制限をゆるやかにしていましたが、でもそれが将来のためにはならない、と小さい時から親がキッパリした方針や態度をつらぬくことが大事だったのだなぁ、と反省。

バンビ君くらいの年齢から愛情を持ってキチンとやっていれば、自分で食事コントロールできるようになるかもしれませんね。

結局「お散歩お休み」は1日だけでした。
というのも「ジュースをもらっても黙っていたこと。」「やるべきことをやらないからお散歩は中止」と言ったのですが、そうしたら必死になってやるべきことを全部やったのです。

恥ずかしながら「やるべきこと」っていうのは「学校から帰ったら、連絡ノートを出す」「給食袋を洗濯機に入れる」とか、ごく基本的なことなんです。
これも私のキッパリとした態度がなかったことと、帰宅時に留守だったからなんです。
日々反省のこのごろです。

投稿: うらら | 2006/06/28 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大学のゼミ | トップページ | もうひとつの心障学級 »