« カミングアウトについて | トップページ | 山と雷と温泉 »

2006/07/13

療育や勉強の前に重要なのは…

地域の親の会での勉強会。

重度自閉症の大人のお嬢さんがいる施設の指導員の方のお話でした。

やはり、もっとも重要なのは人間関係を穏やかに過ごせるかどうか。

そして、それ以前の問題なのが「基本的なしつけ」だ、とのこと。

その方は、お子さんに信号を教えるのに他の人にお願いして、横断歩道を渡る時に、見るべき信号の下に行ってもらって、棒で信号機を指してもらったりして教えたのだそうです。そうやってひとつのことを教えるのに何年もかかって教えたそうです。

道路の歩き方、服装、挨拶、電車の中での態度、お箸の持ち方などなど。

いつからでも遅くない、という例として話されたのがお箸の持ち方。普通の大人が大人になってから直した、という話。

さっそくうちに帰ってからタウルスにお箸の持ち方をアドバイスしてみました。タウルスは、結構早くからお箸を使って上手に食べられていたのですが、いつからかちょっとおかしな使い方になっていたのです。

それで、いろいろアドバイスをしたら、本人もやる気で「これでいい?」と言いながら食べています。

遅まきながら、「基本的なしつけ」がんばります!!

そして、今日別な会の例会である方からいただいたアドバイスは私がタウルスをある療育施設に通わせるかどうかに対してですが、納得!!! すっきりしました~

家で親がしっかりやれれば、療育や訓練に月に1度行くよりも何倍も良い。(というか効果があがる。)特にタウルスのように思春期になってから、新しい合わないところへ無理して行っても逆効果では?とのこと。

はぁ~ほんとに親の姿勢が問われる今日この頃。

やはり、いろいろな人の話を聞くと勉強になります。ありがとうございました。

|

« カミングアウトについて | トップページ | 山と雷と温泉 »

コメント

「基本的なしつけ」大事ですよねー。
障害があろうとなかろうと、悪いことは悪いとちゃんと教えることは必要だと思います。人から”障害児だから仕方ない”って見られることもあると思うけど、少なくとも親が思っちゃダメなんでしょうね。確かに、健常児より教え込むのに時間もかかるだろうし、親も根気が必要だけど...。
でも、そういうことをきちっとしなくちゃと思いすぎて、子どもの行動を規制したり、自分自身息苦しくなってしまう部分もあって、バランスが難しいと感じることもあります。(特に小さいうちは)
児童館等でも結構大らかなママさんがいたりして、自分が細かすぎなのかと気になったり。

話変わりますが
>家で親がしっかりやったほうが、療育や訓練に月に1度行くよりも何倍も良い。

うららさんのおっしゃってる意味はよくわかります。
ただ、例え月に1度でも療育や訓練にまったくいかないよりは行った方がいいと、私は思っています。(これまた特に小さい頃は)
子ども自身の成果というより、プロの目で見てもらうことで親が気づくことがあったり、相談するところがあるというだけで癒されたり、ママ友ができたりといった2次的な効果かもしれませんけど。
子どもとの接し方を学んだ上で、親が家でやってあげられればいちばんですよね。

投稿: suzu | 2006/07/14 15:50

躾に関してはねー。
つい、障害があるからって思いがちなんですよね。
計算が出来る事より、本当は必要な事なんでしょうね。

私は子供の問題行動にて、アドバイスいただいた時に気が付いてしまいました。
小学校3年の時かな。
そのわりには面倒なのでおざなりになってますが……

投稿: さち | 2006/07/14 18:20

私は一人住まいをするようになって、これではいけないと思って、箸の持ち方を一生懸命練習しました。
ちゃんとできるまで、半年以上かかりましたよ。
躾は、身を美しくということで、やはり相手の立場になって、不快な思いをさせないことなのでしょうね。
教えてもらっていなくて、後で苦労をするのは本人でしょうからね。

投稿: Post | 2006/07/16 21:13

suzuさん~
そうですね。「しつけ、しつけ」ってカリカリしてもいけないし、バランスが難しいです。まぁ、親が自然と見本を見せている、というのが理想かもしれません。
私も小さい頃は「療育」ってとっても重要だと思います。この話はムスコのように思春期に入った年齢では「療育」よりも家での対応が重要ってことなんです。ごめんなさい、ちょっと誤解を招く文章でしたね。

さちさん~
3年生の頃のできごとで気がついたんですね。
何度も同じ事を繰り返すのって根気が要りますから、ま、私も気長にあんまりカリカリしない程度に気をつけてみますゎ。

Postさん~
直すのに半年かかったんですね。
お箸は、大人と同じ長さにしてたのが良くなかったようで、さっそく子ども用に変えました。
口を開けて、クチャクチャ食べるのも注意していますが、なかなか直りません。でも、あきらめないで半年は続けてみることにします!

投稿: うらら | 2006/07/16 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カミングアウトについて | トップページ | 山と雷と温泉 »