« 2006年9月 | トップページ

2006/10/13

引越し先

引越し先が決まりました!!

→「地上のタウルス2」 http://chijyoutaurus.blog79.fc2.com/

ちょっと、まだリンク先などを引っ越していませんが…

皆さん、お世話になりました。

この1年4ヶ月の間に書いた記事の数は345。

いただいたコメント数は440。

訪問していただいた方はのべ約32000。

我ながら、よく続きました。

ゆるゆると書いていきますので、今後とも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

お引越し準備

パソコンが故障したことと関係あるのか、よくわからないけど、このごろ、ブログがなかなか開かない。

ブログの内容が多すぎて限界?

MACの人たちからはコメントをいれにくい(文字化けする)って言われているし、私の携帯からはアクセスできないし、お引越ししようかな?

今度はどこにしようか、考え中。

引越し先が決まったら、お知らせします。

| | コメント (2)

2006/10/12

IQと社会的な適応性

就学相談の1回目に知能検査をやったことがわかり、必要があったので教えてもらいました。田中ビネー式で総合IQ69、知能段階1、IQ60~75、基底年齢7歳(実年齢12歳)、10歳の質問に答えられたのは1問。

確かに小学校1年生くらいの女の子と遊ぶのが好きだし7歳程度だと思うといろんなことが腑に落ちる。7歳くらいだと思って接するとちょうどいいってこともあるのかも?

昨日、とある中学の心障学級の先生が「IQが一番低い子のほうがむしろ仕事をするのには向いていると思う」とおっしゃっていました。一般的に知的障害がある場合、ボーダーのお子さんのほうがいろいろ難しいというのもよく聞きます。

IQと社会的な適応性は比例しないんですね。

| | コメント (2)

2006/10/10

こんな時どうする?(翌日)

自動販売機からお茶ではなくジュースが出てきてしまったというデキゴトの翌日。

お出かけの時にタウルスはペットボトル2本に麦茶を入れて自分用に用意していました。(いつもなら1本)

なんらかの効果があったということでしょうか?

| | コメント (9)

2006/10/09

こんな時どうする?

地域のお祭りの福祉バザーの店番をしていた時のこと。持って行ったペットボトルのお茶がなくなったので、タウルスにお使いを頼んだ。

私の分の水とタウルスの分のお茶。

だけど、戻ってきて手にしていたのは、水とジュース。

タウルス「お茶のボタンを押したけどジュースが出てきた。」(えっ~?本当かな?)

私「わかった。じゃあ、もう一度お金をあげるから、お茶を買っておいで」

タウルス「ヤダ」(ということはジュースを飲みたいってことね。)

こんな時、本当に機械のほうがまちがっているとは思わず、つい息子を疑ってしまう自分が嫌になる。でもね…結構知能犯なんだよね…

で、どうしようか考えた。ジュースを一切のませていないわけではないけど、「お茶」という約束だったのに(まちがって出てきたと主張する)ジュースを飲ませてしまうと、そのやり方に味をしめてしまうだろうから、そのジュースは飲ませられないと判断して、「冷水機のお水を飲みなさい」と言ったのだ。

タウルスは、しばらく不機嫌そうな顔になっていたけど、しばらくすると店番の仕事に復活することができた。

こんな時、他の方だったら、どう対処するのかな?

私のとった行動は適切だったのかな?

| | コメント (8)

2006/10/08

心と体を整える

7月からはじめた私のダイエット。

最初は、4キロ減量と気になるお腹を凹ますという目標ではじめ、腹筋と簡単な体操をしていました。

今はなるべく歩くことにして、9月からは区の施設でやっているパワーヨガをはじめ、家でも毎日やっている。今まで固まっていた場所がほぐされて血流が良くなり、使っていなかった場所が使われ、左右のゆがみが矯正されていく感じがする。自分の体の中心を感じるし、軸が定まるような気もする。

単に見かけや体重やサイズではなくて、自分の体を整えること。ダイエットではなくて、心と体を整えるっていうふうに変わってきた。それがとっても気持ちがいい。

そして、いつの間にか入らなくなっていたパンツも入るようになってきた。応援してくださった方、ありがとうございました。おかげさまであきらめずに続けることができました。

 

| | コメント (3)

2006/10/07

ソファー探しの旅

夏休みにはじまった家の片付け。いらない物は処分して、まだ使えるものはもらってくれる人を探し、壊れているものは修理したり…

何年も前に実家でいらなくなったソファーを使っていたのだけど、やぶれたところを修理して使っていたけどもうそろそろ限界。ということで次のソファーを探すことになった。

いろいろ見ているけど、なかなかこれ!という物にまだめぐりあわない。雰囲気や座り心地だけでなくサイズと予算という枠もある。

そこで、お友達から「インテリアの店もあったよ」と聞いて、できたてホヤホヤの「ららぽーと豊洲」にタウルスを連れて行ってきた。タウルスはお出かけがスキなのでついていきたがるのだ。

どうやらオープンしたばかりということで、混んでいたけど、けっこうおもしろかった。あちこちに休憩できるソファーがあって疲れ果てたちびっ子たちが爆睡し、パパたちが居眠りしてました。

メインのガラスの前は海が広がり、パイプオルガンが演奏されていました♪

Vfts0005_6

午前中の用事を済ませてから行ったので、全部のフロアーをまわって結構疲れてしまい、レストランの魅力に負けて、急遽ご飯を食べて帰ることに。水ギョーザを食べたのだけど、おいしくて、ついつい食べ過ぎて、タウルスは「明日は朝ごはん、減らす」と言ったくらい。

うちのほうからだとアクセス方法はいろいろあって、ゆりかもめと水上バスのルートを使えば、子どもたちは楽しそう。デートコースか子連れだと楽しい場所なのかもしれません。私たちも帰りはタウルスの希望でゆりかもめの先頭に乗って、東京タワーやベイブリッジの夜景を楽しんで帰りました。

肝心のソファーは見つからなかったので、ソファー探しの旅はまだ続きそう。でもこんな旅も楽しいので、まだ見つからなくてもいいかな?

Vfts00031

| | コメント (2)

2006/10/06

親の影響力

前日の日記にも書いたけど、親の影響力って大きいなぁと思う。

言葉というのも知らず知らずしみ込んで洗脳するような効果があると思うけど、言い方によっては逆効果になってしまうこともあるので難しい。特に相手に何かをさせようと思うと逆に反発されてしまうこともよくある。(子どもだけでなく、オットの場合も)

この間、パソコンが壊れている間に、壊れていた照明器具の修理を頼んだり、はがれていた襖の修理を頼んだり(アッ!自分で直したのではなくて、頼んでいるだけか…)、といろいろ家の片付けにめざめた。というか、今までほうっておいたのがひどいよね。

そして更に12年目の冷蔵庫が調子が悪くなってきたので買い換えた時に冷蔵庫の周りにあるものたちを片付ける羽目になった。(片付けないと冷蔵庫が入れ替えられないから)周りにあったのは「ゴミ箱(不燃ゴミ)」や「常温野菜入れ」「スーパーの袋・ペットボトル・空き瓶などの資源回収ゴミか再利用するもの」などが雑然としていたのだが…

それをきっかけに不要なものを処分し、今までの置き場所や入れものを変えてみたら、すっきり片付いて気持ちよ~~~~くなったのだ。きれいになってみるとどれだけそれまでその場所がゴチャゴチャしてたのか、気持ちが悪い場所だったのかよくわかった。

そしてその場所から、いろんな場所を片付けることがおもしろくなって、いろいろと片付けていたら、二人の息子たちが自分の部屋を片付け始めた!!

「部屋を片付けなさい!!!!」なんて言わなくても、親が手本を示していれば、自然と子どももやるんですねぇ。それもイヤイヤやっていたら真似しないかもしれないけど、楽しそうにやっていると真似したくなっちゃうのでしょう。

それにしても、今までどんなにひどい状態だったことか???

| | コメント (2)

2006/10/05

底値チェック?

Chirasi

新聞と一緒に入ってくるスーパーのチラシ。

いままではチラシをじっくり見るヒマがなく、底値チェックってやったことがなかった。

今は、時間があるので、この間やってみたら、それを見ていたタウルスもさっそく真似をしてチェックしておいてくれた。

何に丸をつけているか、というのが予想外のものもあって結構おもしろい。

ちなみに今日丸をつけていたのは

納豆、カレールー(タウルスの好物)、ヨーグルト、シャケ、たらこ、昆布の佃煮(タウルスの好物)、おでん、しめじ、りんご、衣類用洗剤、豆腐、たくわん(タウルスの好物)、卵、サンマ(タウルス好物)、おでん(タウルス好物?)とこの辺は常備しているものやタウルスの好みで選ばれている。

底値かどうかまではわからずに、印をつけていると思うけど、サンマ77円は安い!今年は安くておいしくてうれしい♪

その他よく気がついたなぁと思うのが、ペットフード。写真がないのに目ざとくペットフードの文字を見つけたらしい。

意外なチェックだったのは、お父さん用Yシャツ(500円!)、自分用?トランクス(100円!)

すぐに私たちの真似するから、すごい!(悪いことを真似されないようにけど気をつけなくちゃ。)

| | コメント (6)

2006/10/02

国立の養護学校見学

運動会の代休を利用して、タウルスと夫と3人で国立の養護学校の見学に行きました。タウルスが気にしていたのは、以下の内容。

1)普通学級はあるのか?
(障害学級だけだと言ったら、がっかりしていました。)

2)クラブ活動はあるのか?
(質疑の時間に自分で手を上げて、聞いていました。週に1時間だけ似たような活動があるらしい。)

3)英語の授業はあるか?
(選択で外国語がある)

4)給食の質
(食べている人のところへ見に行って、おかずが2種類しかなかったとがっかりしていました。)

敷地内に農場や宿泊や自立の練習のための宿泊棟もあり、すばらしい環境の学校ですが、やっぱりちょっと遠くて地域とのつながりもなくなってしまうので、出願はやめようか…という話になりました。

後は、今月中に区内の障害児学級を2つ体験入学の予定。

| | コメント (4)

2006/10/01

みんな、がんばったね。♪運動会☆

午後の組体操の途中で雨が降ってきて、応援合戦や挨拶がカットされたけど、無事に終了。タウルスは去年と同じように学級の子達といっしょに用具係りもやりました。

組体操では上の段に登れずに落ちてしまったり、静止する合図を間違えて早くもとの隊形になってしまったり、急な欠席のお子さんがいてパターンが変わったり…

Img008
はりきっていた100m走は惜しくも2位…

Img010
紅白リレーも雨の中、バトンを落としたり、滑って転ぶ子がいてタウルスのチームは残念ながら4位…
そんなふうに思い通りにはならなかった今年の運動会でしたが、そんなアクシデントも問題なく乗り越える力がついていました。

タウルスの走りは今までよりも更に力がついたようで、後半にパワーダウンすることはなく、見ている私たちが「抜かされる?」とハラハラしなくなりました。

何人かのママに今年は元気がない?緊張してるのでは?なんて言われたけど、昨年までよりも落ち着いていたのかもしれないと思います。もう低学年の頃とは違って、私たちと目が合っても手を振ったりすることはなく無視してすましています。(ちょっとさびしいけど6年生だしね。)

先生方は1ヶ月間でみんなをよくここまで指導されたと感心します。

小学校生活最後の運動会だと思うと本当にさびしい気持ち。Y学級の6年生の仲間たち一人ひとりの成長も感じる運動会でした。この6年間の成長は大きく、貴重な6年間だったと思います。

そして、もうひとつのメインイベントはお弁当。(でも親は自宅で子どもは教室だけど)毎年おばあちゃんが作って持ってきてくれます。とってもおいしいお弁当をアリガトウ。

Dscn1930

組体操のときはビシッ!としていたタウルスでしたが、最後の表彰や挨拶の時は、もうすっかり集中力がなくなって地面の砂を足でいじっていました。残りの大きな行事は連合運動会、音楽会、宿泊。大事に過ごしたいと思います。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ