2006/04/28

事実は?

よく、メールだと会って話した時の声や表情がないから誤解が生じるという。メールに絵文字をつければ少しでも手がかりを増やし、雰囲気を和らげるってことはよく言われていることだと思うのですが…

でも、もし相手のほうにその絵文字を受け取る機能がついていない、もしくは違う絵文字に変換されてしまうとしたら…

メールだけでなく、会って話していても、きちんと伝わらないこともよくあるみたいだと思う。たぶん、もともと持っている絵文字のような機能がお互いに違っているか、もしくは違う風に変換されてしまうということがあるのではないかしら。

と、ここまでは前段です。

というのも最近、こんなことがありました。

Aさんから、「Bさんから聞いたのだけど、お宅のお子さん(タウルス)が他のお子さんに暴力を振るっていって!!(なんとかしなくちゃ)」と聞きました。

それを聞いて私は(エーッ!!)と内心穏やかではなく、毎日心のどこかに重くひっかかっていました。

Bさんに勇気を奮って、どういう話なのか確かめてみると…

事実は全然違っていました。

タウルスと一緒に遊んでいた友だちが小さい子に乱暴し、タウルスはそれをとめ、(友だちの代わりに)小さい子のママに謝っていた…というのです!(*^_^*)

これでは、まるっきり話が違います。そして、その最初の話がAさんから、いろんな人に話されるとしたら、困る と思いました。もちろん、Aさんには訂正しておきました。

が、もしブログを読んでいる人の中に、その話をすでに聞いた人がいるかもしれない、と思ったので書いています。どうぞ、よろしくお願いします。

それからこれは、タウルスの話ではアリマセンが…

誰々(みんな)が○○と言っていた、とか

誰々(みんな)が○○と思っている、とか

そういう話は信用できない、自分で確かめなくちゃ って思っています。

でも、信用していなかった人の話が、どうやら本当かも?と思うこともあったりして、悩み多き日々です。

| | コメント (2)

2005/12/04

クリスマスシーズン

sizen5

おばあちゃんの誕生日のお祝いにシクラメンの鉢をプレゼントに持っていって、すっかりごちそうになってしまいました^_^;
この時期のプレゼントやケーキはどうしてもシクラメンやクリスマスバージョンになってしまう。同じ誕生月としてそれはちょっとさびしいとわかっていてもついやっぱり選んでしまったのでした。

タウルスはおばあちゃんのうちにあった毛糸を見て、また今年もマフラーを編む!と言ってさっそくとりかかっています。昨年編んだ分はみんなプレゼントしちゃって手元にないので、今度はしっかり写真を撮っておきます。

おばあちゃんからクリスマスプレゼントは何がいい?と聞かれて、タウルスは「自転車!」

今乗っているのはタウルス兄のお下がりなのでそろそろ限界。でもその上のサイズにするにはあともう少し身長が足りないので、今買うとすれば同じサイズになってしまうのだ。タウルスとすればワンサイズ大きいのにしたいのだけど…

同じ大きさの自転車を買ってしまうか?

もうちょっと待ってから大きいサイズの自転車を買うか?

自転車じゃなかったら、プレゼントは何がいいか?

いろいろ親も悩みます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/10/18

フ・フ・フ…まだまだダイジョウブ♪

今日はそろばんに行く時「あとでむかえにきてね~」だって。
ヤッター!!
フ・フ・フ…まだまだダイジョウブ♪とホッとしてしまった。^_^;

年少くんのママさんが出した「心障学級増設の陳情」昨日採択されたって。ヨカッタ!
でも今統廃合や特別支援教育のことがからんでいるので、なかなかスムーズに進まないのかな?そんなコト言っているうちに子どもはどんどん大きくなっちゃうよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/17

そっけないそぶりのワケ

外がもう暗くなっているのに、そろばん教室からなかなか帰ってこない。
それに今日は雨だから自転車ではなくて歩きだったし、ちょっと心配に…

というわけで、めずらしく迎えに行ってみたら、ちゃんと勉強していた。!(^^)!

でも…迎えに行って喜ばれると思っていたのに、そっけないそぶり。
私のことよりもガールフレンドのN美ちゃんと一緒に帰ることを楽しみにしていたらしいのだ。^_^;

帰り道、二人で話がはずんでいて、なんかチョットさびしい気分の母でした。
(スミマセン。正直に言うとかなりさびしい気分でした。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/08/14

迷子になった~

kurumaisu春に引っ越したおばあちゃんのうちの近くの公園にお散歩に行った。

川でザリガニ釣りをしている人たちがいたので、息子は見にいってしまい、なかなか戻ってこない。
おばあちゃんが戻らなければいけないので、「先に帰っているよ」と声をかけた。

30分たっても戻ってこないので探しに行ったけど、いない。
結局、迷子になっていて交番から連絡があった。

たった5分の距離なのに川の反対側に行ってしまったみたい。

あ~久しぶりにビックリした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/13

ミルクをあげた!

milkoageta 5ヶ月の赤ちゃんのおうちに遊びに行った。
小さい声でお話したり、キョロキョロ私たちを見たり、ミルクをゴクゴク飲んだり、途中でやめると泣いたり…
足をけって移動したそうだった。
かわい~~~~~~

赤ちゃんのお兄ちゃんたちとお風呂で水遊びをしたり、赤ちゃんにミルクをあげた。
(哺乳瓶を支えてるのは赤ちゃんのママ。二人羽織状態。)

妹か弟がいたらきっといろいろ世話をしてかわいがってくれただろうな…
もう今からじゃ無理だから、赤ちゃんと遊ばせてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Y先生から

息子が大好きだったY先生。
今年度別な児童館に異動になってしまってから
息子は児童館になかなか行きません。

Y先生にこのHPのお知らせをしたところ
「まだ、ホームページ見てませんが、週末には見たいと思ってます。感想は待っていてください。
○○くんには、『児童館に行って、後輩の世話とM先生の手伝いをするのを頼むよ!』とY先生が言っていた と伝えてください。
ではまた!」というメールをいただきました。

このことを息子に伝えたら、今日はさっそく児童館に行きました♪
Y先生の威力は絶大です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/09

お見舞いのお手紙をもらった!

tegami パン屋さんに行ったらダウン症の青年がお手紙をくれた。
昨日、私が具合が悪くなったので心配してくれていたのだ。
(南アフリカ、ハワイ、かんとく っていうのは彼流の冗談)

この人の口癖は「いいよ。いいよ。」「だいじょうぶ。」
こう言われるとちょっと不安な時や間違ってしまった時なんかすっごく気がラクになるんだよね~

彼のまねをして私も息子に「いいよ。いいよ♪」言えるようになってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/06

孫だから?

動物の世話だけでなく、老人介護もスキで、車イスを押したりご飯を食べるのを手伝ったりする。

おじいちゃんが他界する前の数年間、私たちが行ってもほとんど口も聞かず、反応も少なかったのに、なぜか息子が行くとずっと息子のすることを嬉しそうに見ていた。

その後、おばあちゃんも「口を聞かず、反応なし、目をつぶっている」という状態だけど、やっぱり同じように息子が行くと目を開けて嬉しそうにしている。

孫だから?

不思議…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

お友だちと仲直り

tebonkunto昨年の夏休みにいつも一緒に遊んでいた2歳上の男の子。
その子は私立に行っているので地元には友だちがいないらしいのだ。

ある日、プールに子どもたちだけで行った時にケンカをしたようで、それからプッツリ遊ばなくなってしまった。

私は一緒に遊ぶ同性の友だちの存在を嬉しく思っていたので、遊ばなくなってしまい残念だったが、まぁ、そんなこともあるかな、とあきらめた。

今年、夏休みになってまたその男の子が「サッカーしよう!」と来てくれるようになった。

ケンカをしたけれどもまた復活。

まぁ、そんなこともあるんだね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)