2006/10/08

心と体を整える

7月からはじめた私のダイエット。

最初は、4キロ減量と気になるお腹を凹ますという目標ではじめ、腹筋と簡単な体操をしていました。

今はなるべく歩くことにして、9月からは区の施設でやっているパワーヨガをはじめ、家でも毎日やっている。今まで固まっていた場所がほぐされて血流が良くなり、使っていなかった場所が使われ、左右のゆがみが矯正されていく感じがする。自分の体の中心を感じるし、軸が定まるような気もする。

単に見かけや体重やサイズではなくて、自分の体を整えること。ダイエットではなくて、心と体を整えるっていうふうに変わってきた。それがとっても気持ちがいい。

そして、いつの間にか入らなくなっていたパンツも入るようになってきた。応援してくださった方、ありがとうございました。おかげさまであきらめずに続けることができました。

 

| | コメント (3)

2006/09/22

めざせ!健康美

注意:私のスタイルについてです。

7月頃から取り組んでいたダイエット(ポッコリお腹対策)。

お腹が凹んだ(凹んだと言ってもまだ達成率6割)次は全体のスタイルが気になってきた。そこで、とあるサイトで自分の理想サイズを計算してもらいました。(そんな話、ここに書いてもいいのだろうか…詳細は載せませんが…)

すると…

意外なことに、体重と足首サイズはほぼ理想どおり♪♪♪

でも…各サイズのバランスが大事なんですね。

私の場合、足りないのがバスト4センチとヒップ2センチ。

逆にほかの部分は多すぎる。特にウエスト。

この間4センチ減らしたのに更に6センチも多いと言うのだから、驚き!!(でもないか)

太もも、ふくらはぎ、二の腕、それぞれ2センチくらい多い。総評としてこんなことをずばり言われてしまいました。(あたっていることはきつく感じることが多い)

【あなたのスリーサイズのバランスは?】
あなたはメリハリがなく、ストレートな体型のタイプです。全体的にほっそりとしていても、ウエストに対して、バストとヒップのメリハリがないとアルファベットのIのようなずん胴体型になってしまいます。
あなたのスタイルは理想ゾーンにあります。

たしかに…結局、上から下まで凹凸がなく、ずん胴だ、ということなのだ。それは計算しなくても明らかだったけど、具体的に細かく数値になると、違う。でも、一応理想ゾーンに入っているらしい♪ フフフやる気が出るー めざせ!由美かおる?!

とにかく、6センチも多いウエストを何とかすれば、足りないバストとヒップも少しは大きく見えるに違いない…

だけど、まさかこの年になってスタイルを良くしようなんて思っているなんて、若い頃は考えられなかった。もっと早く気づいていれば良かったな。

昨日は中学の給食試食会だったのに、忘れてすっぽかしてしまった。しかも昨年もなのだから、自分でもビックリ!! 健康美だけじゃなくて脳のトレーニングもしたほうが良さそう。

どこでも小学校、中学校は給食があると思っていたけど、H市の中学は給食がないらしい。あらためて給食はありがたい~と思う。

| | コメント (3)

2006/08/22

歯列矯正(上)

約1年前から下側から歯列矯正をしていましたが、下がこれ以上動かないのは上の歯並びのせいだということで、上もはじめました。それで、現在、上下を就寝中だけつけています。

昼間つけていると発音がますます悪くなって、何をしゃべっているか聞き取れないくらいですから、夜だけしかつけられません。

下あごのは2箇所のねじで調整するタイプ。上あごは違うタイプで、あごの形などによっていろいろなタイプがあるそうです。ひとつ3万円也。

きれいな歯並びになって、発音も良くなって、食べ方もきれいになるといいんだけど、どうかな?

| | コメント (2)

2006/08/18

母が帰ってから

息子が赤ちゃんだった頃は、1歳になっても歩けないことやおっぱいが飲めなかったことなど、普通の赤ちゃんと比べてしまい、よく辛い気持になった。

でも今は息子のことを通常のお子さんと比べて落ち込むことは(ほとんど)ない。それは息子なりの成長を喜べるようになったこと、慣れ、比べようのないレベルの差、といったことかもしれない。

でも、今でも同じ障害のお子さんと比べて落ち込んだりすることがある。本物の受容というのは他の人と比べて喜んだり悲しんだりすることのない気持だとするとまだまだ途中なのだろう。

障害や病気の告知を受けてから、時間をかけて、だんだんと受容していくものらしいけれど、いつか本当に息子のすべてを受け入れられる日が来るのだろうか。

さて、高齢で病気の母を預かって1週間の間に考えたこと。

子どもの場合、進行性でなければ、障害や病気があっても、日々成長していくことが多いので良いのだけれど、高齢者の場合は、日々できなくなっていくのが当たり前。

どこまで、できなくなっていくことを受け入れるのか…

あきらめるのではないけれど、病気を受け入れながら生きることの微妙なバランスが難しい。

これまでの人生では母への気持にはいろいろ複雑なものがあったけれど、この1週間は一生懸命尽くすことが楽しい、嬉しいと感じる体験になった。思わず、このまま一緒に暮らせたら、と思ったけれど…

Suizokukan_1 003_2

誕生日を祝い、一緒に水族館やおすし屋さんへも行くことができた。きっかけを作ってくれた友人に感謝。

タウルスは私が言わなくてもさっと薬を飲ませたり、トイレの介助をしたり、血圧を測ったり、本当によく手伝ってくれた。(でも、日数が経つにつれてだんだんテンションが下降気味だったけど)

こんなふうに高齢者と知的障害のある人と一緒に暮らすグループホームってなかなか良いかもしれない。

| | コメント (3)

2006/06/12

犬に噛まれた時は

犬に噛まれた(昨日の朝)ところを診てもらうために病院へ行きました。
本当は傷口を洗って消毒するためには、なるべく早く病院に行ったほうが良かったそうで、バスケの大会が終わってからでも(休日診療や夜間診療でも)行ったほうが良かったそうです。
もう今日は傷口がもうふさがっていて洗えませんでした。
破傷風になるといけないので、予防のために注射して飲み薬をもらいました。
注射は1ヵ月後と1年後の3回するそうです。
今日は行ってよかった。
学校のプールが今日から始まったんだけど、水曜まで中止。
※猫に噛まれた時やさびた釘を踏んでしまった時も同じらしい。

| | コメント (4)

2006/06/01

口腔機能-②

(商品名などを変更し、もらった資料をもとに再度記事全体を書き直しました。)

障害者歯科に行く用事があったので「マ○○グなどと口腔機能」のことを聞いてきました。

・そのお子さんの状態と合っているかということもあるのだけれども、基本的には口腔機能によくない。この場合ストローや他のタイプも全部指す。

・理由は主に舌とか唇の動かし方と関係がある。吸い込むのではなくて唇を閉じて飲み込むという動作を促すためにはスプーンやコップを使うほうが良い。

・マ○○グなどの飲み口だとおっぱいを飲んでいる時の口(舌)の動かし方からなかなか抜け出せない。

・特にダウン症のお子さんのように舌が出てしまうお子さんはストローは避けたほうがよい。

・水分を飲むときは、最初はスプーン(浅くて薄いものが飲みやすい)→コップ→ストローという順番だと「乳児嚥下」から「成熟嚥下」にうまく移行しやすい。

・コップからじょうずに飲めるようになってからストローを使うほうがよい。

・もし、外出時などストローを使う場合は、深くくわえないで、先端が銃下の前歯よりも前になるように浅くくわえさせたほうが良い。

・上唇が水面に触れていることが大切。もし触れていないようならば、上唇を下ろすのを少し手伝ってあげるとよい。

※日本歯科大学、田村文誉先生「上手にたべるために-発達を理解した支援-」(医師薬出版)などを参考にさせていただきました。

以上です。

ついでに、教えてもらったHPを見てみたら、いつか歯医者で記事を見て気になっていた「おしゃぶり」についても載っていました。こちら

おしゃぶりには親の育児ストレスの軽減といった利点もありますが、欠点もあります。小児科医と小児歯科医で作る保健検討委員会は先ごろ「1歳前後で常用しないようにし、遅くとも2歳半までにやめましょう」とする見解をまとめました。その理由に「習慣性になりやすい」「長期間使用すると歯のかみ合わせが悪くなる」「親の言葉かけが減る」「発語の機会が減る」などの欠点を挙げています。

電動自転車もそうだけど、結局便利なものというのはだいたい体にとってはマイナスなことが多いのかもしれない、と思いました。

※私のダイエット、電動自転車のバッテリーをはずして通勤していましたが、通勤自体が必要なくなってしまいました(T_T) つまり、失業。これは自立支援法が私にも影響があった!!ということなのです。とても勉強になるし、一緒に働いていた青年たちとお別れするのはとてもサミシイ~~です。でも時間ができたので、いろんな人に会ったりできそう♪

| | コメント (0)

2006/05/31

おしゃぶり賠償提訴

ちょうど、今日こんなニュースがありました。(2005年1月に日本小児歯科学会がまとめた「おしゃぶりについての考え方」はこちら

「おしゃぶりであご変形」 母子がコンビに賠償提訴

 おしゃぶりを3歳まで使い続け、あごが変形するなど深刻な障害が残ったとして、横浜市の少女(6つ)と母親が31日、おしゃぶりを販売した大手ベビー用品会社コンビ(東京)に約1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、おしゃぶりはドイツのメーカーが開発し、コンビが輸入した。少女は生後2カ月ごろから1歳まで1日約15時間使用。その後も3歳10カ月で歯科医に止めるよう言われるまで、就寝中に使った結果、あごが変形したほか、歯並びが悪くなった。
 歯並びは矯正治療で改善したが、「受け口」や舌足らずな発音、口でしか呼吸しないなどの症状が残ったという。
 完全に治すには、今後13年間かかるとして、治療費などに相当する賠償を求めた。

(共同通信) - 5月31日19時30分更新

| | コメント (2)

2006/05/12

傷対策

(お友だちからの情報です。ありがとうございました。)

かきむしり防止対策常備薬として必ず家にあるのが以下の4つ。

もちろんすり傷などにも効果的ですが、ばい菌がはいり腫れて膿をもった傷などにも効果大!!(病院の先生に聞いた処置方法)

商品名は製造元によって異なるようです。

①イソジンきず薬

茶色っぽい液体

060512_213453

② アクリノールガーゼ

黄色い液体で一枚づつ取り直接傷口につけます。

060512_213723

③滅菌パッド

一枚づつ入ってますがサイズにより枚数が違います。
Mサイズで8枚入り。
傷口によりカットして使用できる。ガーゼと似ていますが、脱脂綿が穴空きポリエステルフィルム(透明)で覆われているので傷口に張り付く事がないし通機性がよい。

060512_213904

④プロテクターフィルム

特殊防水フィルムです。
空気と蒸気だけを通しカブレやムレの心配がほとんどありません。

060512_214006

子供の足指などの小さい所には④ではなく③の後に、テーピングテープ?(正式商品名が不明…伸縮性抜群)をまくといいです。ただテーピングテープだと防水ではないのですが。

060512_214007

【最近のニュースから】

●都の障害者年金、11年に破綻の恐れ
両親らが亡くなった障害者の生活を支えるため、東京都が37年前に創設した心身障害者扶養年金制度が、2011年にも破綻する見通しであることが、都の推計で分かった。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060512/K2006051203000.html
●千葉県浦安市に住む知的障害のある女子生徒(14)が小学校時代、担任の男性教諭(46)から受けた性的虐待を防げなかったのは行政側にも責任があるなどとして、女子生徒と両親が11日、県と市、教諭を相手取り、約2000万円の損害賠償を求める訴訟を千葉地裁に起こした。

| | コメント (0)

2006/03/02

人間ドックの結果

DSCN1477

【今日の晩御飯】

・ブロッコリーと海老のサラダ

・サーモンとサラダ菜とトマト

・セロリとジャガイモのスープ

・アボガド(わさびじょうゆ)

・ベーコン巻きアスパラガス

この間、受けた人間ドックの詳しい報告が来ました。

封筒を開けるときは、ちょっとドキドキします。

コレステロール値などは基準内でしたが、昨年と比べたら、数値が上がっていました。あーやっぱり食生活の乱れが現れているなぁ…と反省。(>_<)

| | コメント (2)

2006/02/21

中耳炎でした

DSCN1461

【今日の晩御飯】

・牛すね肉のポトフ(たまねぎ、セロリ、にんじん、じゃがいも、大根の葉っぱ)

・ブロッコリー

・昨日のおでんの残り

すっかり晩御飯シリーズにはまっています。

カリフラワーのピクルスに挑戦中!

普段は、カリフラワーってぜんぜん食べないんだけど…
すでに、作成中にぼりぼりつまんで食べてしまいましたが、

これがオイシイ

明日がまた楽しみです。

DSCN1463

タウルスの耳は左が滲出性で右が普通の中耳炎ということでした。

といっても一体、どう違うの?
(これから調べてみます)

| | コメント (2)