2006/10/02

国立の養護学校見学

運動会の代休を利用して、タウルスと夫と3人で国立の養護学校の見学に行きました。タウルスが気にしていたのは、以下の内容。

1)普通学級はあるのか?
(障害学級だけだと言ったら、がっかりしていました。)

2)クラブ活動はあるのか?
(質疑の時間に自分で手を上げて、聞いていました。週に1時間だけ似たような活動があるらしい。)

3)英語の授業はあるか?
(選択で外国語がある)

4)給食の質
(食べている人のところへ見に行って、おかずが2種類しかなかったとがっかりしていました。)

敷地内に農場や宿泊や自立の練習のための宿泊棟もあり、すばらしい環境の学校ですが、やっぱりちょっと遠くて地域とのつながりもなくなってしまうので、出願はやめようか…という話になりました。

後は、今月中に区内の障害児学級を2つ体験入学の予定。

| | コメント (4)

2006/10/01

みんな、がんばったね。♪運動会☆

午後の組体操の途中で雨が降ってきて、応援合戦や挨拶がカットされたけど、無事に終了。タウルスは去年と同じように学級の子達といっしょに用具係りもやりました。

組体操では上の段に登れずに落ちてしまったり、静止する合図を間違えて早くもとの隊形になってしまったり、急な欠席のお子さんがいてパターンが変わったり…

Img008
はりきっていた100m走は惜しくも2位…

Img010
紅白リレーも雨の中、バトンを落としたり、滑って転ぶ子がいてタウルスのチームは残念ながら4位…
そんなふうに思い通りにはならなかった今年の運動会でしたが、そんなアクシデントも問題なく乗り越える力がついていました。

タウルスの走りは今までよりも更に力がついたようで、後半にパワーダウンすることはなく、見ている私たちが「抜かされる?」とハラハラしなくなりました。

何人かのママに今年は元気がない?緊張してるのでは?なんて言われたけど、昨年までよりも落ち着いていたのかもしれないと思います。もう低学年の頃とは違って、私たちと目が合っても手を振ったりすることはなく無視してすましています。(ちょっとさびしいけど6年生だしね。)

先生方は1ヶ月間でみんなをよくここまで指導されたと感心します。

小学校生活最後の運動会だと思うと本当にさびしい気持ち。Y学級の6年生の仲間たち一人ひとりの成長も感じる運動会でした。この6年間の成長は大きく、貴重な6年間だったと思います。

そして、もうひとつのメインイベントはお弁当。(でも親は自宅で子どもは教室だけど)毎年おばあちゃんが作って持ってきてくれます。とってもおいしいお弁当をアリガトウ。

Dscn1930

組体操のときはビシッ!としていたタウルスでしたが、最後の表彰や挨拶の時は、もうすっかり集中力がなくなって地面の砂を足でいじっていました。残りの大きな行事は連合運動会、音楽会、宿泊。大事に過ごしたいと思います。

| | コメント (0)

2006/09/26

就学相談最終日&判定結果

昨日は、学校を早退して、就学相談の合同面接を受けに行きました。合同面接というのは、子どもたちだけ3・4人が一緒になっていろいろ試され(?)、その様子を鏡のように見える窓を通して隣の部屋から判定員の方々が見る、というもの。

判定員は、心障学級の先生など数名で構成されているらしく、実はタウルスの担任の先生も入っていましたが、タウルスにはそれはわかりません。タウルスは自分からいすの上に置いてあった名札を見て、いすに座って名札をつけていました。(おお!!私が何もいわなくても自分でちゃんとやっていた♪)

今日のメンバーは知らない女の子二人(通常学級に通っているお子さんと、通級に通っているお子さん)とタウルス。

予定の時間を2・3分過ぎてから開始。(これはわざと開始を遅らせて様子をみているのかな?怒っているお子さんもいましたが、タウルスは落ち着いていました。)

子どもたちが観察されている間、保護者は別室で待機なので、当然のように選択肢の学校の噂話や就学相談の話が盛り上がります。私が主治医の診断書に変更してもらった就学相談の第二回「医学診断」を受けた人が「わざと怒らせて様子をみているので親は口出ししないでと言われた」とか「親の育て方を批判された」とかなり怒っていました。

結局、小学校入学前に受けた時と同じやり方で、まったく変わっていないようでした。でもこういったやり方はこの区だけではないらしく、別な区で受けた時も同じだったと言っていたので、何かマニュアルにでもなっているのでしょうか?

そうして40分ほどして終了。

自宅に帰ってから1時間ほどして、電話で結果が伝えられました。

結果は「固定学級(心障学級)がいいでしょう。」とのこと。その後は、体験をするために後日また連絡がくることになりました。具体的な学校名は言われなかったので、2校とも体験したいとお願いしました。

タウルスに何をやったのか聞いたら、「勉強(計算)と運動」「簡単な計算(5+2=?)と難しい計算(28+38=?)とあった」と言っていました。(計算できるかどうかというよりも、取り組む態度を見たのかな?)

まぁ、これで何かひとつ肩の荷がおりたような気分。でも一番近い学級にすんなりと決める気持ちにはなれず、国立大学の養護学校も受験してみようかと思い始めている。今度タウルスも一緒に見学に行く予定。でも、この学校はかなり倍率が高く、学校が欲しいタイプというのがあるらしく、それに該当してなおかつ最後は抽選らしい。もしかして兄の受験よりも競争率が高いかもしれない。

兄のほうはこの間の期末試験(2期制)の結果が返ってきて、やっぱり塾に行かないとまずいかも?という話になりつつあり、まだまだ続く、二人の進学…

二人が同時と言うのは大変だけど、一度に済むのでまぁいいかな?

| | コメント (3)

2006/09/24

高校見学記

昨日、M先生がいるJ学園の学園祭に家族4人で行きました。

やっぱり、遠かった~

まわりの環境は申し分ないけど、ハイキングに行った気分。

駅についてまず、驚いたことは、

スクールバスのバス停の目印がなかったこと。

探し回ってから、見つからないので駅前に戻ったところ、似たような境遇の人々がウロウロしている。

そうこうしているうちに、行きなれているらしき人々がなんとなく集まり始めたので、その中に混じっていたら、バスが来て乗れました。

ここのところ4校ほど近所の都立高校の文化祭に行きましたが、比べるとずっと食べ物やさんが多い。

やきとり、おでん、焼きとうもろこし、手作りかまど焼きピザ、パン(市販品)、手作りうどん、カレーなどなど…

思ったよりも、派手な人やびっくりするような人はあまりいなくておとなしい感じがしました。

Dscn1928

今まで見に行った都立と一番違ったのは、熱心そうな大人がたくさん来ていたこと。

肝心の長男はまったく興味を示さず「行かない」と。(M先生ごめんなさい。)

タウルスはその前の日に見に行った都立T高校よりも気に入ったようで、「行きたい!(心障)学級ある?」と聞いていました。

理由を尋ねると「楽しい!人がたくさんいた!」とのこと。

T高校も気に入って「(心障)学級ある?」とは聞いていたのですが…

(タウルスに比べたら長男はいろいろな選択肢があるからシアワセだよね。)

今まで見た中では私は校舎の雰囲気も生徒の感じも文化祭の展示作品などもT高校が気に入りました。長男も一番気に入ったみたい。

でも、今まで見に行った中では一番偏差値が高いし、長男のそれよりも上なのでむずかしい。その学校を目標にして、がんばれば別なんだけど、どうなることやら…

Vfts0009_1 Vfts0008_4 Vfts0005_5

| | コメント (0)

2006/09/20

今頃、夏の写真

(夫のリクエストによりビーチフラッグレース決勝戦の写真を追加しました。↓↓↓) Img004

(おぉぉ!! いい波が来たぞー!!)

Img005

(乗れたぁー!! 気持ちよかったぁ!!)

これは8月上旬、臨海学校の時の写真。引率アシストで行ったお友達のママが撮ってくれて一人1冊ずつ、小さなアルバムを作ってくれたのです。8人分全部作ってくれてコメントまで入っていて感激しました。感謝、感謝、ありがとうございます♪

タウルスの学校は6年生の希望者が他の3校と一緒に臨海学校に行きます。といっても遠泳とか訓練ではなくて、海の遊びがメインだそうです。(同じ区内の学校では単独で全員参加で遠泳もあったりするので、不思議です。)

なんと言っても、体育大学のライフセービングクラブの方たちがいろいろと一緒に遊んでくれるのが最高!Y学級の子たちには2人に一人ついてくれました。タウルスは「お兄さんがよかったのにお姉さんだった。」と言いながらも写真では鼻の下が伸びきっていました。

今回、ビーチフラッグレースでタウルスは男子の部で1位になったらしい!! ビデオで見たら、5レースくらいの勝ち抜き戦。かなりの激しい戦いを勝ち抜いたらしいのでさすがに驚きました。

Img006

(決勝戦:スライディングしているほうがタウルス)

そんなこんなでとっても楽しく過ごして帰ってきたのですが、行く前はなぜか「行かない。クラゲがいるから。」などと拒否していたタウルス。泳ぐのは得意だし、海だって好きなはず。今まで何でも積極的でこんなことはなかったのに「なぜ~?」とちょっと心配していましたが、脳波検査の先生によると「それは成長だね。自分で自分のことを決めたい、という意思がでてきたっていうことじゃない?」って言ってくれたので、なんだぁ~そうか…って思えました。

タウルスは自立に向けていろいろ成長しているのに親の頭が切り替わっていないのかもね。

| | コメント (2)

2006/08/11

夏休みの宿題終了!?

例年、きちんと宿題にとりくまなかったことを(私が)6年目にしてようやく反省して、ちゃんとやるようにと言っておきました。

すると、毎日せっせと取り組んでいて、エライなぁと思っていたところ、今日「終わった~~~」というのです。

えっ!?まだ夏休みの半分もしないのに!?

……

たしかに…ちゃんと全部やってありました。

毎日1枚書く設定になっている記録も8月31日までぜ~~んぶ。

天気や気温も書き込んであります。

(わたし)「どうして先のことを書いちゃったの?」

(タウルス)「へへへ、あたるかな?」

だそうです。

やるべきことをきちんと毎日やる、という目標設定なのに…

良いのだか、悪いんだか、わかりません。もう終わっちゃったので、後半は何をさせようかな?

今日、タウルスが自分のおこづかいでた○ごっちの電池を買うのでディスカウントストアに一緒に行きました。最初に1階にあったものを購入した後で2階に行くとタウルスはめざとく別なメーカーの同じ種類の電池が35円安く売っているのを発見!!

1階のレジの人からわざわざレシートをもらってきて、交換してもらうことを提案。しっかりとりかえてもらいました。

夕食時の会話。それにしても、タウルスは毎日やりたいことがいっぱいあって、いきいきと楽しそう。我が家の中では一番だね、ということにみんな異議なしでした。

明日から、しばらくおばあちゃん(母)を預かります。なんとか自分で食事はできるものの、生活のすべてが介助と見守りが必要。これで3度目なのですが、タウルスはまた世話をする!と張り切っています。本当によく気がついてくれるので助かっています。

| | コメント (2)

2006/08/06

無事に帰ってきました

0608051 0608052 060805
(高尾山にて)

タウルスはたっぷり海を満喫してお土産を買って元気に帰ってきました。

でも、タイトルとは違い、留守中の私の話。

1日目はお友達に教えてもらったベジタリアン料理(肉・魚・卵・乳・砂糖不使用)教室。ヌカ床を使ったパンも酸味があってとてもおいしかったし、ニンジンやとうもろこし、切り干し大根の甘みを使うなど、調味料に頼らずに素材の味を楽しむ料理はとても参考になりました。

赤ちゃん連れのママたちがおっぱいをあげながら参加していて、癒されました。

PWSは食事(カロリー?)制限が必要と言われている障害なのにカロリー計算を一度もしたことがなかった。それで何となくそのことに後ろめたさを感じていたんだけど、そこの料理教室の先生もカロリーは計算しない、と言っていました。やっぱりカロリー計算をしながら料理を作るって言うのは私には合わないなぁ、それでもいいのだ!!と納得。

こういう料理教室で野菜をおいしく食べる方法をしっておくのは楽しくておいしくて良いですね。

2日目は高尾山縦走(高尾、城山、景信山往復)。赤岳縦走の直後だからか、日ごろの体操のせいなのかいつもより楽に感じてどんどん足を伸ばして、景信山まで往復。今までは真夏に低山は暑いかな?と思っていたけど、予想外に快適でした。木陰と沢のせせらぎと心地よい風。やっぱり人間には緑が必要なんだーと感じました。

いろいろなスピードで歩いている人がいるのだけど、この頃は走っている人たちが多い気がする。マラソンをしている人の数が増えているのかな?なんだか、山登りの常識とは違ったスタイルで何も背負わずに短パンにジョギングシューズなので、違和感を感じてしまう。

その夜は友人家族と飲み会。個室でゆっくり。

そして、3日目。銀座でやっていた「星野道夫展…星のような物語」に友人と一緒に行きました。大きな写真は写真集とは違って迫力があり、ところどころに添えてある言葉もすばらしく、さまざまな感動と勇気をもらいました。
地球や宇宙の時間の流れの一部として自分も生きていることを感じることができました。
本当に素敵な方だなぁと思います。

道夫さんのことば、文章はとても優しくきれいで心にとても静かにしみていきます。

「結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味を持つのは結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。」

「大切なことは出発することだった」

など、など、など・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14日(月)まで銀座松屋でやっています。

久しぶりに会った友達とは話しても話しても話がつきず… いろいろと感謝。

| | コメント (3)

2006/07/24

就学相談一回目

今日は就学相談一回目でした。
親が担当者二人から、今後の流れを説明されたり、学校での様子を聞かれたりしている間に、子どもは別な部屋で担当の方と二人で子どもの様子を観察されるというパターン。
私のほうの話は、いろいろ聞かれて答えると、その中からマイナスのエピソードを引き出されたような感じで、イヤ~ナ気分になってしまいました。
たとえば、「問題と思うことは?」と聞かれたので「バスに乗るときにもう少しでバス停だというところになると張り切り、嬉しくて走ってしまう。」と言ったら、
「行動が落ち着かなくて危険、ということですね。」って話にされちゃうし…
(危険、とは言っていないのに)
かといって、「コミュニケーションは問題ありませんか?」と聞かれ「まぁ、だいたい大丈夫」と答えると「普通にコミュニケーションできる、まったく問題ないってことですね」と…
(知的障害のある子どものコミュニケーションがまったく問題がないかって聞かれたら、ハイ!とは答えられないのが普通だと思う。だけど、そう答えたらコミュニケーションに問題あり、って書かれそうだし)
つまり、○か×かどちらかになってしまうようなのだ(-_-;)
それに、終わってからタウルスの担当だった先生には「足の傷をいじってばかりいて、注意してもだめでした。最近の発達検査ではどれくらいでしたか?」と心配そうに言われてしまいました(>_<)
結局「言うことを聞かなかった」「注意散漫」ということになるのでしょう。
学校の先生からは心障学級と言われたけど、今日の感じでは養護判定もありえるかも?と思いました。
嫌な気分になったのは、悪いところをより悪く取りざたされたから、ということになるのでしょうか。モヤモヤした気分です。
ところで、行く時のバスのこと。
もう少しでバス停、というところで、バスがちょうどバス停に停車中。ぎりぎりで間に合わなかったのですが、そのバス停の5mくらい前の信号が赤になってバスが停車したので、載せてほしい、とアピールしてみましたが、「次のバスに乗ってください」とアナウンスされてしまいました。
タウルスは、以前似たような状況で載せてもらったことがあると言って、今日の運転手さんはケチだのバカだのと言って怒り、大きな声でブツブツ言うのです。
だから、「雨で道が混んでいるから、遅れていたりして、載せられないこともある」とか「本当はバス停以外では載せてはいけないルールなんだからしかたがないんだ」と言っても、まったく聞き入れてくれませんでした。
結局、過去にOKだったのに、今回はだめ、ということが納得いかないのです。
こういうときに、ブツブツ怒っていると周りの人もビックリするし、やめてほしいのですが、どう説明しても無駄でした。(それどころか、説明すればするほど怒るみたいだった)
こういう時ってどうすればいいんでしょう(T_T)

| | コメント (3)

2006/07/21

夏休み初日

各地で大雨で大変なことになっていますが、みなさんはだいじょうぶでしょうか?

夏休み初日の今日も大雨。楽しみにしていたプールも当然休みです。(でもあきらめきれずに学校まで確認しに行きました。)

今年は、兄ちゃんが受験だし、今日は勉強の計画を立てました。どうしても塾には行きたくないというので、○ャレ○ジと学校の宿題のみにすることにしたので、毎日の予定をエクセルで私が作りました。春からやってたゲームもやめて、これで、ちゃんと勉強できるはず!!

タウルスは今まで5年間夏休み、ちゃんと宿題をやっていなかったので、今年こそ、やるぞ!!

と、初心表明でした^_^;

今日のお昼ご飯は『サーモン、とろろ、オクラ丼』
※最近、ドンブリが私のマイブームです。

| | コメント (2)

2006/07/07

中学・交流のこと

近くの中学の心障学級の交流や部活の話を聞きに行ってきました。
こちらは6名。学校側は副校長ほか2名の先生。
ベテラン主任の先生の話では運動会など学内の行事にすべて参加しているので、交流していると思っているようでした。そこで、小学校の心障学級の交流の様子を伝えましたが、あまりぴんとこないような感じで「そういうことよりも自分の力をつけることのほうが重要」というお考えのようでした。
部活の参加も奨励している、とのこと。でも結局、続かないということらしいです。
最後に話をしてくれた副校長は「せっかく小学校でやっていた交流の経験を学んで、これからはそのようなスタイルの交流も取り入れていきたい」のようにおっしゃっていただきました。現在、通常学級から来た軽度のお子さんたちの割合が多くなってしまって、とにかくやりにくいようでした。(私たちががんばって心障学級の子の割合を増やせばいいかも?)
副校長からは、夜別件でわざわざお電話をいただき、「やはり交流は少ないと感じていたので、これからはもっと交流するように指導していきます。みなさんによろしくお伝えください。」とのことでした。
行ったかいがありました。みなさん、お疲れ様でした。

| | コメント (0)