2006/10/10

こんな時どうする?(翌日)

自動販売機からお茶ではなくジュースが出てきてしまったというデキゴトの翌日。

お出かけの時にタウルスはペットボトル2本に麦茶を入れて自分用に用意していました。(いつもなら1本)

なんらかの効果があったということでしょうか?

| | コメント (9)

2006/10/09

こんな時どうする?

地域のお祭りの福祉バザーの店番をしていた時のこと。持って行ったペットボトルのお茶がなくなったので、タウルスにお使いを頼んだ。

私の分の水とタウルスの分のお茶。

だけど、戻ってきて手にしていたのは、水とジュース。

タウルス「お茶のボタンを押したけどジュースが出てきた。」(えっ~?本当かな?)

私「わかった。じゃあ、もう一度お金をあげるから、お茶を買っておいで」

タウルス「ヤダ」(ということはジュースを飲みたいってことね。)

こんな時、本当に機械のほうがまちがっているとは思わず、つい息子を疑ってしまう自分が嫌になる。でもね…結構知能犯なんだよね…

で、どうしようか考えた。ジュースを一切のませていないわけではないけど、「お茶」という約束だったのに(まちがって出てきたと主張する)ジュースを飲ませてしまうと、そのやり方に味をしめてしまうだろうから、そのジュースは飲ませられないと判断して、「冷水機のお水を飲みなさい」と言ったのだ。

タウルスは、しばらく不機嫌そうな顔になっていたけど、しばらくすると店番の仕事に復活することができた。

こんな時、他の方だったら、どう対処するのかな?

私のとった行動は適切だったのかな?

| | コメント (8)

2005/10/19

宿題を忘れずにするためのいい方法

今日のクリニックでの指導で。
前回の宿題「両手を机の上に広げておいて、30数える間じっとする。」というもの。親子で忘れてしまい全然やっていなかった。^_^;

先生が「じゃぁ、これを持って帰って。」と渡されたのは一枚の表でした。単純に宿題をやったら日付と○印をつけるだけのものなんだけど、タウルスはがぜん張り切っていて、うちに帰ったらすぐに壁に貼っていました。これで私も忘れない、はず。

クリニックでとってもいい本を2冊見つけたので、また後で詳しく報告しま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/22

かきむしり

5歳のPWSママさんとかきむしりについてお互いに共通していた対処法があったので、メモしておく。こういった「こうしたらうまくいった」という体験談などをカテゴリー「みんなの知恵袋」に集めてみようと思う。

【効果がなかったこと。または逆効果だったこと。】

 ・怒る。

 ・説明する。

 ・やめなさい、と止める。

 ・かきむしりをなくそう、数を減らそうと思う。

 ・傷の手当の時に「大変だ」「バンドエイド代がかかって大変」などと言う。(私がやってしまったこと)

【効果があった方法。】

 ・「かゆかいよね~」と共感する。

 ・「やさしく掻こうね。」と言う。

 ・薬を塗り、バンドエイドを貼る。

 ・反応はなるべくしない。

 ・かきむしりの数が少なくなった時に「数が少なくなって良かったね。」

 ・傷の状態が良くなってきた時に「もう少しで治るね。」

**********

悩んでいる人の参考になれば嬉しい。そして、いろいろな体験談などを教えてもらえたらいいな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/20

身内について

身内ができる支援についてメールをいただきました。返信を送ったところ、アドレスが不備のようで届かなかったので、ここに書いておきます。

***

私の場合は
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさんなど身内の人の対応で嬉しい、と思っていることはズバリ、ひとつ。

普通にかわいがってくれること」です。

いやだなぁ、と思ったことは何もないので、きっと私の場合はシアワセなほうなのだと思います。

逆に人の話を聞いてちょっと…と思うのは

・障害のある子は身内にはいなかったなどという発言。(原因探し)

・食べ物には注意をしなければいけないのに、身体によくないものを平気で食べさせたりする。

ということ。

ただでさえ、生後1年くらいはマタニティブルーにもなりやすいのに、
障害を告知されて、他のお子さんとの発達の差も目立ち、精神的にとても辛い時期だと思います。

特にそういう時期に障害云々を関係なくかわいがってくださる人の存在はとても嬉しいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)